FC2ブログ

調整6回目-再治療

05/30
2019年5月30日のお話

1か月ぶりの調整日。
この1か月間はあまりくま装置の出番はなかった。
ほとんどSAA装置をしていることが多い。

今日はスケーリングもお願いしていたので、まず衛生士が歯を見る。

「上の左1番も悪いです」

わー、ついに前歯まで崩壊してきたか?!
歯列矯正で綺麗に揃ったも少しずつ後戻りしている。
年月を感じる。
とりあえず、まだ全部神経残っている自分の歯なんで大事にしないとね。
衛生士から指導を受けた後、くまごろう先生登場。

前歯を確認すると、私の肩甲骨が動くようにあちこち押す。
相変わらず、歯科医だか整体師だかわからない。
今日も私が最後の患者だったみたいだが、先生は出かけるようで、医院の中をあちこち移動している。
先生が戻ってきたところで言わねば。

「先生、装置の調整してませんよー」

くま装置はほとんどしていないのに、合わなくなって出来ない。
これは装置がずれているわけではなくて、私の歯の方が動いているかららしい。
下の歯はだんだん斜めに傾いている。
くま装置を調整すると、身体が楽になった。

SAA装置をすると、右腕だけが落ちて力が入らない。
ビニールを噛んで、合わないところを見つけると、少しSAA装置を削った。
秒殺で調整終わり。
信じられないくらい首が楽になった。

お会計の時に、先生からよく磨くようにとワンタフト歯ブラシをいただいた。
いつも元気なくまごろう先生だが、今日はとても疲れているように見えた。

くまごろう先生:「最近、帰り11時くらいなの~」

診療はもっと早い時間に終わっているが、勉強会やら講演会の資料作りなどにも時間を取られているらしい。
私は最近ゴッドハンド通信を視聴して、色んな手技を入院中の母親にやっているので、これは効果ありというものがあったら、くまごろう先生にもやってあげようと思う。

調整5回目―再治療

04/21
2019年4月20日のお話

本日は私が最後の患者。
くまごろう先生は、もう仕事終わりましたモードで、私とお喋り、ストレッチ、マッサージタイム。
日頃からくまごろう先生は、歯だけで全身を治すのは不可能というお話をされていて、生活習慣や食べ物、ストレッチのアドバイスもされている。
それで私は色々なグッズや施術を調べて、良いと思ったものはくまごろう先生にご紹介している。
基本的に私が出来るものだから、高額なものではなくて、患者さんが出来る簡単なセルフケアが多い。

さて、いつものようにくまごろう先生が私の両手を押すと、右腕だけがストンと下がってしまう。
まず、ほとんどしていないくま装置を調整する。
秒殺で調整終わり。

次にSAA装置をすると、全然合っていない。
前にいっぱい盛ったSAA装置を削る、削る、削る・・・
SAA装置の調整にえらく時間がかかった。
SAA装置を調整するのはとても難しいとおっしゃっていた。

気が付けば歯科医院に来てから、もう3時間も経っていた。
くまごろう先生といると話が尽きない。
小学校1年生の時のまま、先生の澄んだ瞳は今も変わらない。

調整4回目―再治療

04/20
2019年3月16日のお話

この日はスケーリングも頼んでいなかったので、珍しくくまごろう先生が歯を診た。

くまごろう先生:「この歯酷いわ。膿が出てきた」

私:「えー、どこどこ?」

くまごろう先生:「右上の2番」

私:「前歯?!」

くまごろう先生:「本当は削りたくないんだけど・・・」

右上2番を少し削っただけで、身体がかなり楽になった。
この歯は前に削って、劇的に体調が良くなった歯だ。

くまごろう先生のお話によると、奥歯の噛み締めが原因で前歯に負担がかかっていると。
それで夜寝るときにしていたくま装置はしないことになった。
昼間はSAA装置をしているので、早くもくま装置の出番がなくなった。
私は特に敏感なので、くま装置に歯石がついただけでも具合が悪くなってしまう。
この日はSAA装置を調整してもらい、くま装置はかなり時間をかけてぴかぴかにしてもらった。

調整3回目ー再治療

03/16
再顎位矯正、難航していますが治療は続いています。
ブログを書かないと自分でも忘れてしまいますので、まとめると、
昨年、2018年10月くらいから体調を崩す。
11月 くま装置を作る。
12月 くま装置が出来て来る。
1月 2回調整していただき、SAA装置を作る。

あー、ブログ書いてない・・・

くま装置とSAA装置を作っていただいたが、どちらもビニールなしでは使い物にならない。
そのビニールの位置も時間で、左7番か右7番とコロコロ変わってしまう。
私はビニール調整できるベテラン患者で、昼間は周りに腕を押してくれる人がたくさんいる環境だから良いが、普通の患者はこんな事は出来ないだろう。

寝るときはくま装置をして、昼間はSAA装置をしていた。
朝、SAA装置をして腕を押してもらい、ビニールを噛む。
ちゃんと力の入るところでビニールを噛んでいるのに、それが昼までもたず、意識が遠くなっていく。
こんな具合だ。
そもそもSAA装置はビニールを噛むものではないだろう。

2019年2月19日のお話

3回目の調整日である。

くまごろう先生:「どうですか?」

私:「全然だめ」

くまごろう先生:「どうしてー??」

私:「わかりません」

いや、それがわかれば苦労しませんって(^^;

くまごろう先生にくま装置が合わなくて、SAA装置にビニールを噛んで使っていることをお話したら、先生はSAA装置ではなくて、くま装置を調整した。
くま装置はずれはないが、装置の前歯の部分を少し削ったということだった。
くま装置をしてみると、前よりもすんなり噛むことが出来たし、体にも力が入った。

SAA装置は調整しなかった。
時間でコロコロ変わってしまうのであれば、調整してもまたすぐに変わってしまうということで、基本的には肩甲骨を動かすストレッチなどをして、体の方で調整することにした。
この日以来、SAAにビニールを噛むのをやめた。

SSA装置の調整

01/17
1月17日、本日はくまごろう歯科受診日。

くまごろう先生:「今年もよろしくー」

私:「いや、この間来たし・・・」

と、まあ相変わらずなくまごろう先生。

とても具合が悪いことを伝えると、先生はくま装置ではなく、SSA装置を盛って、何とか体に力が入るようにしてくれた。
くま装置は夜寝ている間に使うことにして、昼間はSSA装置を使うこととなった。
このSSA装置の調整にも随分時間をかけてもらった。

ところで、最近私の一番近しい友達が、別の友人から紹介されて行った歯医者はくうにゃんの行っている歯医者かもしれないと言った。
すごく丁寧な歯医者さんで、女医さんだったと。

ピンポーン!

いやー、こんなに歯医者さんいっぱいあるのに、くまごろう歯科だったとは。
くまごろう先生に教えたら、びっくりしてたわ。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター