Category | ホームページ作るぞ

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年後の打ち合わせ

11/28
伯母の葬儀では、スルメを噛んで、マッサージチェアを占領するほど、具合が悪かったが、何とかなると思えたのは、私は翌日、くまごろう先生と会うことになっていた。

2009年3月15日のお話

この日は、くまごろう歯科のホームページ作成の打ち合わせ。
なんと、最初の打ち合わせから、ちょうど1年後の事である。

HPを作成してくれるのは、私の友人のT君なので、打ち合わせには私も呼ばれた。
HP作成に私が何かをするわけではないが、私もくまごろう先生の勉強していることや治療方針など、T君といっしょに聞いていた。

くまごろう先生の話を聞くと、本当に先生は様々な勉強をされているし、こんな歯科医院のホームページがあれば、私も行ってみたいと思う。

私:「先生、すごーい、それを是非原稿で」

くまごろう先生:「あっ、書く、今度は書く」

と言っても、いつになるかわからないので、先生はT君にHP作成料を今日、支払うという。

T君:「いえ、出来上がってからでいいですよ」

くまごろう先生:「でも、今日払っちゃう」

私:「じゃあ、半分にしたら?」

くまごろう先生:「お願い、いつになるかわからないから、今日受け取って」


・・・
あれから3年半以上過ぎているが、いまだに原稿が出来上がらない。

ちなみにこのT君、現在は娘さんの歯列矯正のため、月2回はくまごろう歯科に通っている。
毎回、「先生、原稿まだですか―」って、言いたいだろうに。
T君は何も言わず、原稿を待ち続けている。

たまに、私に「お金返します」って言うT君。

「お願いだから、そのお金ね持っていて」と頼む私。

さて、HP完成はいつになることか?
気をながーく、ながーくして待ちましょう。
スポンサーサイト

21世紀がやってきた

09/06
11回目の調整をしていただいたが、装置はすぐにずれてしまう。
背中が痛い、首が痛い、肩こり・・・
こんな状態が続いても治療を続けられた理由の一つに、くまごろう先生のHP作りに係った経緯がある。

くまごろう歯科のHPを作成してくれるのは、私の友人のT君。
T君は引っ越し先の新しい歯科医院の撮影をするため、くまごろう先生からお呼びがかかった。
T君から私に連絡が来た。

T君:「撮影の日、いっしょに来てくださいよ~」

私:「大丈夫、くまごろう先生は取って食ったりしないから(^^)」

2008年4月29日のお話

ゴールデンウィークの初日、私はT君と引っ越し先の新しいくまごろう歯科へ向かった。
外観はとってもモダンな建物である。
ドアも立派だ!!

ドアを開けてびっくりした。

すごい!!

すごーい!!

これが、あの昭和のレトロな雰囲気満載のくまごろう歯科なんだろうか。
何もかもが新品だ。
こんな綺麗な歯医者さんは見たことがない。
ついに、くまごろう歯科に21世紀がやってきた。

私:「すごいねー、こんなの見たことないよ。これって高いの?」

くまごろう先生:「それも、高いの!借金返していけるかな~」

私:「大丈夫、くまごろう先生なら返していける!」
患者の私の方が自信満々に答えた。

くまごろう先生:「具合悪い?」

私:「うん・・・首が辛くて」

くまごろう先生:「調整する?」

私:「うん・・・」

ここで12回目の調整かと思いきや

くまごろう先生:「ない。あれー、ない。あー、なーい。持ってきた道具がなーい!」

私:「あっ、いいよ、いいよ」

くまごろう先生:「ごめんねー、GWは仕事してるから具合が悪くなったら連絡して。探しておくから」

私:「うん、どうしても具合が悪くなったら連絡するわ」

この日も具合は悪かったが、装置をして右7番にビニールを噛むと何とかなった。
どうしても具合が悪い。
その日は日を置かずしてやってきた。

第1回HP作成打ち合わせ その2

04/20
くまごろう歯科のHP作成の打ち合わせに私も同席した。
くまごろう先生は、なるべく抜かない、削らない治療方針だと言う。

私にはこの日、友人のT君を紹介する以外にもう一つの目的があった。
以前、抜歯矯正をしてから具合が悪くなり、丸山咬合療法を試したが全然ダメだったという方から、私は沢山の質問を受けていた。
その質問の内容はとても素人の私が答えられるものではない。
私は自分自身が経験したこと以外はお答えできない。
そこでくまごろう先生と打ち合わせする時に、先生に聞いてみるというようにお返事していた。

質問はメールだったので、それを印刷して持っていくと、くまごろう先生は「私が書いてあげる」と直接書き込んでくれた。
そこで私は、衝撃の事実を知った。

せっかく先生が書いてくれたので、ここで内容を全部公開したいくらいだが、質問してきた方のプライバシーもあるのでここではその一部だけ書く。


>先に矯正が必要な場合は、どういう歯科でどんな先生にどういう矯正をしてもらうべきでしょうか?

基本的にはまず顎位矯正が先です。


顎位矯正

くまごろう先生はいつもこの治療のことを「あごずれ」と呼んでいる。
しかし私は「あごずれ」がピンときていなかった。
文字で「顎位矯正」と書かれて、やっと自分が受けている治療がわかった気がした。

私の治療は顎位矯正なんだ。
顎を正しい位置に矯正する装置がMFA装置なんだ。
私自身があごずれより分かりやすかったので、顎位矯正はこのブログの副題にも使った。



>○○矯正とか何か 特別な矯正が良いのでしょうか?

わかりません。

私:「あっ、その矯正ネットで見た。すべての歯を同時に動かすから早く終わるんだって」

くまごろう先生:「そんな事するから具合の悪くなる人がいるんだよ~」

私:「はい、仰る通りです」



> 先生は矯正が必要な人に対しては、自ら矯正されるのですか?

そうです。
この勉強もしています。



ん?

私:「矯正はやってないよね?」

くまごろう先生:「私、この勉強もしてるの」

私:「矯正って、歯列矯正のこと?」

くまごろう先生:「そう」



え゛っーーーーーー!!!!

( ̄□ ̄;( ̄□ ̄|( ̄□ ̄||( ̄□||||カガ゙ガーン!!

歯列矯正やってるの~?!



私はブラケットが外れる前に、くまごろう先生に歯列矯正のことで電話したことがあった。
その時、くまごろう先生は「やっていない」と言っていた。

私:「いつから~?矯正医としてはまだ駆け出しだよね」

くまごろう先生:「うん。私、あごずれと歯列矯正とセットでやってるの」


セットぉぉぉ( ̄◇ ̄;)?!


くまごろう先生:「だって他の歯科医院に行けば、また矯正で100万もかかちゃうでしょ」


はあー、まさかくまごろう先生が自ら歯列矯正していたとは・・・
この日、私はくまごろう歯科が矯正科でもあることを初めて知った。

第1回HP作成打ち合わせ その1

04/15
2008年3月15日のお話

くまごろう歯科のホームページ作成のため、私はホームページのデザインをしてくれる友人のT君を連れて、くまごろう先生と歯科医院の近くの喫茶店で会うことになった。

先に来ていたくまごろう先生が私を見つけてニッコリ笑う。
具合の悪い私には、「人間はこんなにステキに笑うことが出来るのか」そんなふうに見えた。

くまごろう先生からホームページに載せる為、様々な治療内容を聞いた。
くまごろう歯科は、本当にレトロな歯医者さんなので、外から見ても待合室にいても、そんな治療をやっているとは気が付かなかった。

口腔外科の話になったとき、

私:「私、右下の親知らず抜くのに3回にわけて、合計8時間もかかっているのよ。ホント酷い目にあったわ。大体、放射線科のゴリラ先生のところへ行ったのが大きな間違いだよね」

くまごろう先生:「親知らずなら、うちに来ればよかったのに」


うちに来ればよかったのに?!


くまごろう先生は私が顎関節症だったと言ったときも同じ事を言った。
くまごろう歯科は、顎関節症の治療も出来て、口腔外科でもあるのか?

くまごろう先生:「うちの院長(お父様)の親知らず抜歯は素晴らしいの。大学病院の口腔外科で親知らず抜歯を沢山見たけど、うちの院長ほどの技術の先生はそうはいない」

私:「お父さんって、口腔外科出身なの?」

くまごろう先生:「そうだよ~」


そうか、そうだったのか・・・
中学生の時、くまごろうちゃんのお父さんは魔法使いじゃないかと思うくらい、鮮やかな治療をしていただいた。
魔法使いの正体は、口腔外科医だったのだ。

くまごろう先生はその素晴らしい歯科医の元で修業してきたんだね。

引越し?!

04/08
丸山咬合療法を受けて、1か月半は魔法のように劇的に変わったが、この後体調に波が出てきた。

それでも私が治療を続けてこられた理由の一つの中に、くまごろう先生のホームページ作成計画に係わったという経緯がある。

くまごろう先生のホームページ?
そんなものあるんかい?!と思った方、残念ながらありません。
でも、計画は今も続いているのです。



私が30年ぶりに訪れたくまごろう歯科は、本当にレトロな歯医者さんで、時代は平成になっても21世紀になっても、何も変わっていなかった。
本当に30年前にタイムスリップしたようだ。
受付で現役で使われている黒電話が象徴していた。

歯科医院が引越すと聞いたのは、2008年の2月ではなかったかと思う。
患者にとって歯科医院の引越しは大問題である。
まして保険外の治療をしているのだから、通えなくなったら大変だ。
私はかなり慌てた。

私:「どこ?どこに引っ越すの?」

くまごろう先生:「どこって、すぐそこ」

私:「すぐそこって、どこ?」

くまごろう先生:「そこの向いのビル」

私:「えっーー、あのモダンなビル~?!」


この引越しがきっかけで、くまごろう先生は長年作りたいと思っていたというホームページ作成に腰を上げた。
先生は特にあてはないというので、私が専門家の友人T君を紹介して、かっこいいホームページを作ってもらうことになったのだ。

T君を紹介するために、私もホームページ作成の第1回目の打ち合わせに同席することとなった。
この打ち合わせに同席することで、私はくまごろう先生が、どのような考え方で、どのような治療をしているのかを知ることとなる。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。