Category | 私の想い

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年 謹賀新年

01/06
明けましておめでとうございます。

もう6日になってしまいました。
年末年始は、とても体調が悪くて、ほとんど寝て過ごしました。

昨年の10月くらいまでは、体調が良かったので、気持ちも落ち込みました。

昨日、整形外科で腱鞘炎のため、手首に注射をしたら、手の痛みも、体調も変わりました。

ちょっとしたことで、私の体調は良くも悪くも変わります。

全然更新出来ていないブログですが、今年は私が受けた代替療法をいろいろ紹介したいと思っています。
スポンサーサイト

2014年 謹賀新年 

01/07
明けましておめでとうございます。

久しぶりに自分のブログを開いたら、広告が載っていて驚いてしまいました。

さて、私は近年にない、体調が良い状態でお正月を迎えることが出来ました。
昨年末に、また色々な治療をしました。
もちろん、くまごろう先生の力も大きいです。

今年の目標は、まず太ること!!
なかなか体重が増えません。

色々、やりたいことや整理をしていたら、不要なものはオークションに出してみようという発想になって、結構オークションで振り回されています。
今日は、はこBOONという輸送手段を始めて使いました。
文明についていくのは大変です。

今年はくまごろう先生から年賀状が来なかったなー。
年賀状は買ったとは、聞いていたのですが・・・・
きっとお忙しいのでしょう。

オークションは一段落つきそうなので、ブログも更新していきます。
今年もよろしくお願いします。

代替医療

10/31
自分あったものを探すのは大変よね。
私は基本、お金のかからないものが好き。
水産業なんかも入れると、健康に関するものはもっと沢山あるね。


北海道代替医療協会様HPより

代替医学・代替医療を分類すると下記のようになります。

1)古くからある伝統的療法や民間療法

・中国医学(漢方薬、鍼灸、気功)
・インド医学(アーユルヴェーダ、ヨーガ)
・チベット医学・ユニナ医学(アラビア医学)
・原住民の療法(アメリカ、ラテンアメリカ)

2)西洋医学に対抗した新しい医療

・カイロプラクティック療法
・オステオパチー療法
・ホメオパチー

3)心理療法(サイコセラピー)

・精神療法
・半断食法
・自然療法
・手かざし療法
・自律訓練法
・催眠療法
・サイモントン療法
・バイオフィードバック療法
・カウンセリング療法
・リラクゼーション療法
・ヘラーワーク
・アロマテラピー
・スピリチュアル
・ヒーリング
・呼吸法
・瞑想
・ヨーガ
・祈祷療法
・芸術療法
・音楽療法
・ダンス療法
・絵画療法
・笑い療法
・ユーモア療法
・イメージ療法
・温泉療法
・足浴療法
・下半身浴療法

4)食事療法

・玄米食療法
・青汁療法
・ワカメ
・コンブ療法
・ゲルソン療法
・自然葉法
・医聖会栄養療法
・ニンジンジュース療法
・マイクロビォティック
・メイ牛山式果物
・野菜療法
・甲田式小食療法
・体質別健康法
・森下式自然医学療法
・パイウォーター
・ビタミン療法
・ビタミンA
・ビタミンB17
・ビタミンB15
・ビタミンC
・ビタミンE

5)健康食品療法

・朝鮮ニンジン
・霊芝
・プロポリス
・純水米酢
・SOD強化食品
・AHCC
・アガリクス
・アラビノキシラン
・メシマコブ
・キチン
・キトサン
・乳酸菌生産物質
・肝臓末
・サメ軟骨エキス
・GCP(アミノアップ化学)
・姫マツタケ
・ウミノヘビエキス
・フコダイン
・タヒボ茶
・マイタケ
・ウコン
・セレニウム酵母
・KC-2

6)薬用

・香料植物(ハーブ)療法
・アロマセラピー
・アロエベラ
・野菊の花
・ドクダミ
・オオハンゴウソウ
・ショウガの根
・イチョウの葉抽出液
・アメリカマンサク
・黄色ギシギシ

7)用手(手技)療法

・指圧療法
・マッサージ療法
・リフレクトロジー
・足もみ
・ビワの葉温圧療法

8)電気療法

・ブルー光治療
・人工光照射
・電気ばり
・電磁場治療法
・遠赤外線療法
・電気刺激と磁気刺激
・微細エネルギー
・光線療法
・波動療法

9)薬理学的療法

・オゾン療法
・MKKヨード療法
・細胞療法
・アミグダミン療法
・Ge-132療法
・キレーション療法
・グルマニウム療法
・代謝治療法

10)免疫療法

・飲尿療法
・クレスチン療法
・ヒシバニール(OK482療法)
・クレスチン(PSK)療法
・インターフェロン療法
・インターロイキン療法
・ATK(自己腫瘍細胞障害)
・自律神経免疫療法
・新免疫(AHCC)療法
・インターロイキン12療法
・免疫監視療法
・新リンパ球療法
・丸山ワクチン療法
・蓮見ワクチン療法
・胸腺療法

11)解毒療法

・CDA-Ⅱ
・膵臓酵素
・排泄療法
・コーヒー浣腸
・活性酵素抑制酵素
・月見草油
・亜麻仁油
・天仙丸
・天仙液
・里芋パスタ
・生姜湿布

健康本

10/15
本屋さんに行くと、健康に関する本やグッズのコーナーが増えたことに驚く。

まあ増えたこと、増えたこと、20年前と比べると10倍は増えたね。

何故、そんなに昔のことを記憶しているかというと、私はストロイドを服用していたため、その副作用に悩まされ、何とか薬とお別れしたくて、よく本屋の健康本を立ち読みしていた。
華やかでオシャレな雑誌より、高麗人参の薬効とか読んでいたのね。

20年前は今ほど、健康番組や健康本はなかったけど、薬屋さんで滋養強壮に効くとされていた1本1000円もするようなドリンク剤がガンガン売れていたよ。

さて、ゆっくり健康本のコーナーを巡ってみると、題名だけ読んでも驚くことが沢山ある。

例えば、ある本には肉は食べるなと書いてあり、その隣には肉を食べれと書いてある。
こんな風に逆のことが書かれている本が沢山あるのだ。
もう訳がわからない。

私も沢山の治療やヒーリングなんかを体験したけど、誰にでもあてはまる自信を持って言えることは「早く寝る」ということだ。
要するに、その人の体質、環境、病態、心、あらゆることを考慮して選ぶということが大切なんじゃないの。

歩くのも確かに良いことだけど、それはバランスが安定してからだ。

赤ちゃんも見ていればわかる。
泣いて、吸って、肺と筋肉が動いて、首がすわって、自然と歩き出す。

バランスが維持できれば、歩くなって言っても人間は歩こうとするよ。

問題はバランスの維持なんだよね。
だから、健康本がいっぱい出るんだ。

首の切断と第2頸椎

09/25
2010年5月8日のお話

叔父の通夜の席で、いとこの歯科医、ゴリラ先生と会った。
ゴリラ先生は、私が外科矯正した大学病院の歯学部放射線科の准教授で、くまごろう先生のことも学生のころからご存じである。

近頃は親戚の葬儀で会うくらいで、私がくまごろう先生の元で治療してからも、あまりゆっくり話をすることは出来なかったが、今日はゆっくりしていけるようで、お酒を飲み始めた。


ここからは私とゴリラ先生の会話。
歯科医としては不適切な発言があるかも知れませんが、いとこ同士の酔っ払いの会話だと思ってご容赦下さい。


私:「ゴリラ先生は、なんで歯医者になろうと思ったの?」

ゴリラ先生:「矯正やりたくて歯医者になろうと思ったけど」

私:「矯正? 当時の矯正ならかなりモダンな話だよね。」

ゴリラ先生:「あれは科学じゃない。科学をやりたいと思った」

私:「それで放射線科に残ったの~?」

ゴリラ先生:「歯学部の放射線科に残るなんて、私を含めて変人ばかりだ」わはははっ



私:「私もくまごろう先生に母と同じ噛み合わせの治療受けてるの」

ゴリラ先生:「くまごろうちゃんは、麻酔科の先生だもの、科学者だよ」

私:「うん、すごい色んな勉強しているわ」

ゴリラ先生:「それで調子はどうなの?」

私:「母は見ての通り、通夜の席であちこち動いて皆さんのお世話しているでしょう。私も大分良くはなったけど、まだ左半身と首が辛いんだよね」



ゴリラ先生:「首・・・首を切断するときは、第2頸椎と第3頸椎の間から」

私:「はぁ~?」



ゴリラ先生:「首って適当なところで切られても立たないだよ。検察に第2頸椎と第3頸椎の間からって指定しないと、生首がごろんって、転がってしまうんだよ」

私:「な、生首? あっ、私、この間整体の先生に第2頸椎からの頭痛だって言われた。そうか、首が立たないのか・・・」

ゴリラ先生:「首には太い動脈が走っているからね。圧迫されれば具合が悪くなるよ」

私:「えっー、私、大学病院の矯正科であんなに具合が悪いって訴えてもわかって貰えなかったのに、ゴリラ先生にはわかるの?じゃあ、矯正科じゃなくて、放射線科に行けばよかったわけ?」

ゴリラ先生:「わはははっ、そういうわけじゃないけど、私にはわかるよ」


うっ、灯台下暗しだった。
まさか、あの大学病院の歯科医に私の首の苦しみを理解してくれる歯科医がいたとは・・・

それにしても、ゴリラ先生ってすごい仕事しているのね。
身元確認のために、最後は歯型で判断したりするから、仏様の首から上だけが送られてくるってことなのかしらね。

メンタルも半端じゃできないし、放射線扱うのだって大変なことだし、実はゴリラ先生って、すごい人だったんだわ。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。