Category | ドクターショッピング

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体操するのがよいと思われます

03/27
部屋の片づけをしていたら、以前脳ドックを受けた時の結果報告書なるものが出てきた。

脳ドックを受けた時のことは以前ブログに書いた。
http://evea60.blog36.fc2.com/blog-entry-179.html

日付は平成18年9月6日となっている。

●総合結果
血液検査、心電図等にも特に異常は認められませんでした。
今のところは大変良好な状態と考えられます。
頸~肩の症状については基本的には体操するのがよいと思われます。



私はこの時、立っているのもやっとだった。
目を開けていられなかった。

大変良好な状態・・・ではない。

体操するのがよいと思われます。

この医師の言葉を有難いと思わなければいけないんだろうか・・・

医師が少しでも噛み合わせのことを考えてくれたら、もっと違う答えが出る患者も沢山いるのではないだろうか。
スポンサーサイト

もう行く病院がない

10/05
2004年、歯列矯正のためのブラケットを外したその日から具合が悪くなった。
沢山の病院に行った。
ここでまとめてみよう。

○医科

 ・内科

 ・整形外科

 ・精神科

 ・肛門科

 ・消化器科 (大腸がん検診)

 ・眼科

 ・脳神経外科 (脳ドック)

 ・外科 (乳がん検診)

 ・婦人科 (子宮がん検診)


○歯科

 ・大学病院 矯正科

 ・大学病院 口腔外科

 ・大学病院 保存科

 ・くまごろう歯科


○番外編

 ・霊能者


一番効果が感じられたのが、霊能者のところってどうよ?

唯一、治ると言ってくれたのは、くまごろう歯科の女医さん、くまごろう先生だけだった。
大学病院の矯正科の先生が話してくれたように、丸山咬合療法には問題点もいっぱいあるのだろう。
治療を一生懸命やって完治しないのは、仕方のないことだとしても、NET上で見たサギみたいな治療だったら、本当に私は生きていけないかもしれない。
でも私には、もう行く病院がない。

矯正科の先生、私はくまごろう先生の元で、丸山咬合療法を受けてみることにします。

そう決心したのは、2007年12月のことだった。

再度精神科に行ってみる

07/07
私の気絶は昼間限定だった。
やっと退社できる時間になるとだんだん目が開いてくる。
そして夜になると眠れない。

決して職場がいやなわけではなかった。
昼夜逆転なんて、そんな単純なものではない。
だいたいどんなに眠くたって、気絶するなんてことはありえないだろう。

ここで私が頭に思い浮かんだ病名は、ナルコレプシー

テレビで見ただけなので、そんなに知識もなかったが、他に病名を知らない。
とりあえず、家の一番近くにあるのが精神科なので、私は数年前にも訪れた、精神科に再度行くことにした。
以前この精神科で処方された薬で、私は眠ったままになってしまったので、もう関わりたくないところだが、気絶するのはやっぱり普通ではない。
何か別な病名が付くかもしれない。

私の症状を医師に話した。

私:「ナルコレプシーではないでしょうか?」

精神科医師:「うーん、大学病院で検査することは出来ますが・・・」

私:「他にそんな病気はないですか?何か違うような気がするんですけど」

精神科医師:「うーん・・・違うとは思いますが・・・、うーん・・・」

私:「もう暫く様子を見たほうが良いでしょうか?」

精神科医師:「うーん、そうしましょうか」

まったく無駄足だった。

この頃になると、母の体調はかなり良くなってきていた。
私はくまごろう先生が、私にくれたメモを毎日見つめていた。
メモにはくまごろう先生の家の電話番号、携帯電話の番号、メールアドレスが書かれていた。

子宮がん検診を受けてみる

03/27
乳がん検診を受けた後、婦人科に移動し、子宮がん検診も受けた。
子宮がん検診は2度目だが、前回は短い時間ではあったが、人生の中で一番痛かったと思うくらいの痛みだった。
だから私は婦人科が一番敷居が高いのだ。

子宮がん検診の後は、とにかく頭が痛かった。
皆笑うけど・・・ホントに頭を抱えるくらい痛かった。

前回は女医さんだったが、今回は男性の医師だった。
前回とても痛かった経緯を説明した。

私:「どうせ痛いのなら、体がん検診もお願いします」

医師:「いや、体がんは頸がんどころの痛さではありませんよ。頸がんだけにしておきましょう」

先生はとてもやさしかった。
そしていざ検査をしてみると、

あれ?あんまり痛くない・・・
痛いは痛いが、前回のように死ぬほど痛くない。

医師:「綺麗ですね。あっ、ポリープあるわ」

えっ、ポリープ(・_・?)、
ポリープって子宮にも出来るのか?

医師:「今、切るからね」

今?!Σ(・口・)

子宮頚管ポリープは簡単にその場で切除された。
血がだらだら出ていても、看護師は「大丈夫よー」と笑顔で言った。

婦人科の医師には体調の悪いことを話したが、更年期というわけでもなく、冷えをとる漢方薬を飲むくらいの治療しかないという。

数日後、検査の結果を聞きに婦人科を訪れたが、良性のものだった。
子宮頚管ポリープが悪性になることは、ほとんどないらしい。

それにしても、大腸にも子宮にもポリープがあるなんて・・・
私ってポリープが出来やすい体質なのかなー?

この婦人科の受診を最後に、本当に私が行く病院はなくなった。
もう受診する科がないのだ。
たとえどんなに身体が辛くても。
生きるのが辛くても。

乳がん検診を受けてみる

03/26
いろいろな病院に行ったが、具合の悪い原因はわからない。
後は婦人科系しか残っていない。
大腸がん検診を受けた総合病院で、乳がん検診を受けることにした。

2007年、マンモグラフィーは初体験。
女性の検査技師が、片方づつ胸を台の上に置いてくれと言う。
やがて機械が動き、

痛た、た、た!!

おっぱいが機械で潰されるーー。
涙が出る。(ノ_・。)

やっと終わったと思ったら、「次は縦に挟さみます」

縦~?!( ̄□ ̄;)!!

想像していたよりも、かなり痛かった。

その後は外科の医師の触診を受けた。
これも初体験。
あー、こうやってしこりを探すんだと感心する。

検査の結果は「異常なし」だった。
続いて、子宮がん検診を受けるため、婦人科へ移動した。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。