Archive | 2009年01月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私と似た症例

01/30
最近は毎日、丸山先生の本を読んでいる。
治療する前は本を読むことも出来ないくらい具合が悪かったし、本に書いてあるいろんな症例を見てもあまりピンと来なかった。
あごずれの治療すれば、不定愁訴は何でも治るのか?全然理解出来なかった。

治療から1年を過ぎた今、もう一度読んでみる。
私と同じような症例はないだろうか?
あった!!
「首の痛みが治った」と書かれている。

丸山先生の診断では、「あごずれによる首の筋肉の緊張が、首の骨をずらすため」と書かれていた。

w( ̄o ̄)w オオー! これは私が長年疑問に思っていたことだ。
首の骨をずらす。首の骨をずらすなんて、今までどの医者からも聞いたことがない。
顎関節症の治療をしている歯科医で、筋肉の緊張が原因だという先生はいるんだけど、なぜ筋肉が緊張するのか、その緊張によって骨がどうなるかは書かれていない。
丸山先生の本には、その答えが書かれていた。

首の骨がずれるとあらゆるバランスが崩れて、具合が悪くなったのも納得できる。
私はなぜ自分が、こんなに具合が悪くなった理由を知りたかった。
病気じゃないのに具合が悪いなんて、あまりにおかしいじゃない。
首の骨のことはもっと自分なりに勉強しようと思う。
スポンサーサイト

舌の位置

01/28
昨日書いた舌のリハビリは母もやっているんだけど、具合の悪い時は舌を上顎に張り付ける力も出ないのよね。
私の母も寝ている間にかなり食いしばっているみたい。

そういう時は、舌を上の前歯の付根にかるく置いておくだけでもちがう。
舌が前にあれば歯を食いしばることはないから。
舌の位置がすごく重要なの。
舌がどこにあるかだけで、身体に入る力が違ってくるのよ。

私も前は奥歯でかみ締めた方が力が入ると思っていたんだけど、それは大きな間違いだった。
舌の位置を変えて試してみてー。

かみ締めるクセ

01/27
私が廃人になってしまった大きな要因は首にある。
首が動かなくなってしまったのだ。
なぜ動かなくなったかといえば、それはかみ合わせが変わってしまったからだと思う。

かみ合わせが変わったことにより、私は奥歯でグイグイかみ締めた。
寝ている時もかみ締めた。
ほぼ24時間近くかみ締めた。
それを3年やったら、気を失うようになった。

現在はもう奥歯でかみ締めることはなくなった。
今日も首のいろんなところがバリバリ、バキバキ音をたてて鳴っている。
首が楽になったのは1年間のMPA装置装着よるものと、もう一つ大きな理由がある。
それはくまごろう先生から教わった舌のリハビリ。
まずかみ締めるクセのある人はやってみてほしい。

1.舌の先を上の前歯の付根あたりに持っていく。

2.上顎に舌を張り付かせる。(鏡を見るとよい)

3.舌で上顎を押す。

どうだろう?これで上の歯と下の歯に隙間が空いていないだろうか。
この舌の位置を出来るだけキープしている。
寝るときもこの位置にしていると、朝起きた時も同じ位置に舌がある。
これでかみ締めるクセはなくなったわけ。
それからこのリハビリには続きがあって、

4.張り付けたしたを、カッ、カッと音を鳴らして離す。

要するに舌の筋肉を鍛えるリハビリね。
ぜひ、試してみて。これは無料だから~。(^^)
と、くまごろう先生が言ってたわ。

丸山先生の本

01/22
1年半前、母がくまごろう歯科から、「かみ合わせを正して全身健康」というタイトルの丸山剛郎先生の本をお借りしてきた。
当時は私も具合が悪く、さらっと見ただけでこの本を最後までじっくり読むことが出来なかった。
結局、私が本を読む前に母が治療を始めることになった。

母:「この本お返ししないといけないわね」
なにやら紙に包んでいて見えない。
中を見てみる。

私:( ̄□ ̄;)!!これは1年半前にくまごろう先生からお借りした本ではないか。
なんであるんだー?
「えー、まだ返してなかったのー?」

母:「お返ししないとね」

私:「うん。 いや、待って、これから私が読むわ」
てか買い取らせていただきます。m(*- -*)mス・スイマセーン

母はこの本をすごく読んでいたらしい。
私は1年半前は具合が悪くて、本を読むことも出来なかった。
治療を始めてからは、素人レベルだけどいろんな歯科医の咬合理論も読んでみた。
自分の体調が良くなると、丸山先生の理論が凄いことが実感できた。
今ならこの本の内容も理解できると思う。

別に宣伝する気はさらさらないけど、これから私も読むという事でご紹介。
丸山咬合療法を考えている方、何だか分からないけど具合の悪い方は、まずこの本を読んでみてはいかが?

かみ合わせを正して全身健康―頭痛、腰痛から慢性病まで (健康双書)かみ合わせを正して全身健康―頭痛、腰痛から慢性病まで (健康双書)
(2005/10)
丸山 剛郎

商品詳細を見る

これからの課題

01/21
丸山咬合療法を始めて1年、体調はかなり良くなってきている。
無理しなければ、普通の日常生活は問題なく出来る。
そうなると嬉しくなって、また無理して具合が悪くなってしまう。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

今は体調が良いと言っても、同年代の人と比べたらまだまだ体力はない。
さて、私のこれからの課題だが、私の一番の問題は「首」
一番酷い時は、首がまったく動かすことが出来ず、横になることも出来なかった。
こんな状態が続くのであれば、死んだ方がましとすら思った。

その首がかなり楽になってきた。
現在、私の首は左側がバンバンにはっている。
これを何とかしたい。
首の左側が楽になれば、左半身にも力が入ると思う。
右半身はもう力が入るようになっている。

ここ4、5日でまた体調に変化があった。
首がバキバキ鳴るようになったのだ。
バキバキ鳴ると、首のコリも楽になる。
これは期待できるかも~!!

治療開始から1年

01/15
丸山咬合療法をはじめて今日で1年が経った。
最初は体調に大きな波があったけど、今はそれが少しずつ小さな波になってきた。

治療を続けてこられたのは、くまごろう先生とスタッフの皆さんのお蔭。
そして治療を続ける母の頑張りを見てきたから。
12か月間よく頑張ったよ、偉いよ、私~!!\(^▽^)/

治療の途中で具合が悪くなったこと

01/13
丸山咬合療法は体調に激しい波がある。
そんなことを知らずにこの治療を始めてしまうと、余計具合が悪くなったと途中で止めざる終えない。
大金をはたいて、具合が悪くなっては、そこには恨みの気持ちしか残らない。
患者も歯科医にも、このことは良く理解して治療を始めて欲しい。
あっ、私はただの一患者です。(^▽^;)

MPA装置はずれるのだ。
MPAはとっても精密に出来ている。
ちょっとでもずれると具合が悪くなる。
すぐに外して、先生に連絡した方がよい。

今日は私が体験した治療の途中で、具合が悪くなったこと。

1.全身筋肉痛になる。(これは我慢できる)
2.食中毒のようなゲリと吐き気。
3.身体全身が痛む。
4.肩こりが酷い。
5.首が回らない。
6.身体がねじれる感じがする。
7.顎関節症シャリシャリ音
8.左だけ鼻水
9.目が赤くなる。
10.生理の匂いがきつい。
11.体温調節が出来ない。
12.昼間眠い。
13.寝込む。
14.食欲がない。
15.身体に力が入らない。
16.不眠
17.生きる気力がない。
18.死ぬほど具合悪い。

ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ こんなこと書いたら誰もやらないよー。
いやこうなることを最初から知っていれば、ちがうはずだ。
少なくとも母を見て始めた私はちがった。

くまごろう先生のお話によると、私はこの治療に関しては人の10倍敏感だそうだ。
普通はここまで具合が悪くなる人は、そういないらしい。

本当に早い人は3か月くらいで、辛い思いもせず、あれよと言う間に良くなっていくらしい。
重症な患者は「死ぬほど具合が悪くなったー」と言ってるみたい。
まぁ、くまごろう先生の患者では私が一番言っているのかな?
それをくまごろう先生やスタッフの方が支えてくれるわけ。

この治療は歯科医と患者の信頼関係が崩れたときは成功はない!!
と私は思っている。

丸山咬合療法で良くなったこと

01/12
このブログは過去のことを思い出しながら書いているので、治療自体のことを書くにはまだまだ時間がかかりそう。
別にブログなんだから、誰に遠慮することはないと思うけど、丸山咬合療法で検索してきてくれた方もいると思うので、現在のことを書こうと思う。

私が丸山咬合療法のマウスピース、MPA装置をするようになったのは、2008年1月16日。
そうもうすぐ1年が経とうとしている。
本当に私の体調は激動の1年だった。
この治療は良くなったり、悪くなったりを繰り返すという、大変難しい治療で、歯科医と患者の信頼関係が崩れたときには、この治療の成功は難しいと思う。
ブログに先生と私の幼いときからのことを書いているのは、信頼関係が大切ってことを伝えたいから。

丸山咬合療法をはじめて1年間、良くなったことと、途中具合の悪くなったこと、これからの課題を書くわ。
今日は廃人から1年かけて体調が良くなったこと。

1首に筋肉がついた。
2.お尻に筋肉がついて、ヒップアップした。
3.要するに体中に筋肉がついた。
4.身体に力が入るようになった。
5.首が回るようになった。
6.文字が上手にかけるようになった。
7.ギターが上手くなった。
8.肩こりがしなくなった。
9.頭痛がしなくなった。
10.喰いしばらなくなった。
11.朝すっきり起きられるようになった。
12.昼間眠たくならなくなった。
13.ゲリをしなくなった。
14.猫背ではなくなった。
15.外また歩きが治った。
16.動作が速くなった。
17.疲れなくなってきた。
18.目がぱっちり開くようになった。
19.生理痛が軽くなった。

精神的には
1.うつ状態ではなくなった。
2.とにかく元気になった。
3.人の痛みがわかる人間になった。

フフッ( ̄ー+ ̄) これだけ聞くと順調に治りそうでしょ。
いえいえ、ここまで来るにはそう簡単にはいかない。
次回は治療の途中で、具合が悪くなったことを書くわ。

くまごろう先生との再会

01/10
くまごろう先生と再会したのは、中学1年の夏休みだったと思う。
くまごろう先生のご家族と何かの博覧会を見に行って、お泊りさせていただくことになった。

友達と久しぶりに会えるのは嬉しい。
でもこの時、私は結構不安もあった。
中学生というのは難しい年頃である。
小学1年生の時の友達と果たして話が合うんだろうか・・・
きっと、くまごろうちゃんは賢いんだろうなぁ。

再会したとき、くまごろうちゃんはにこにこ笑っていた。
その笑顔は6歳の時と何も変わらない。
私達はまたお喋りな女の子に戻った。

この博覧会が何だったのかまったく記憶がないのだか、はっきりと覚えていることがある。
私は毎年クリスマスになると、くまごろう先生を思い出す。
勇気を出して聞いてみよう。

私:1年生の時、サンタクロースはいないって言ったら、ものすごく怒られたんだけど・・・

先生:o(〃^▽^〃)oあははっ♪ ごめんねー。

サンタクロース事件は、6年後やっと和解成立したのである。

5年生の時

01/07
中学生となった私とくまごろう先生は5年ぶりに会う事になる。

と話は進んでいくはすが、ここでくまごろう先生からありがたいご意見。

先生:その前に会ったよ

私:(・-・)・・・いつ?

先生:5年生の時

私:( ・◇・)?(・◇・ ) どこで?

先生:転校する時、私の小学校に茶色い紙袋を持って会いに来てくれたんだよ。

私:o(゚◇゚o)ホエ? 記憶がない・・・それって私じゃないんじゃない?

先生:いや、くうにゃんだよ。

私:その茶色の紙袋の中には何が入っていたの?

先生:忘れた~!!

゛;`;:゛;`(;゜;ж;゜; )ブッ  肝心な中身の記憶はないらしい。
うーん、そんなことあったかなぁ。
5年生が別の小学校に会いに行くというのは考えにくいが、当時のことを思えば私ならやりそうだ。
私は廃人になる前はいたって行動力のある人だったのだ。

この5年生の出来事は、記憶が曖昧で定かではないが、中学1年生の時に再会したのはまちがいない。
私とくまごろう先生、共にピッカピッカの1年生(今度は中学生)の再会だった。

銀歯とさよなら

01/06
話を元に戻そう。(昔の話ね)

私の健康な永久歯、奥歯4本は幼稚園のときに悪徳歯科によって、銀の冠が被された。
7年後、中学1年生の時にくまごろう歯科の院長が、この悪行を発見してくれた。

院長は「よく今まで何でもなかったなぁ」と言っていたが、実はそうでもなかった。
私の歯並びは悪かった。
上の歯は出っ歯である。
下顎が極端に小さくて、下の歯は全部斜めに生えていた。
身長は中学1年の時はすでに止まっていた。

この冠が被せられたことによって、顎や歯並びに影響したのかはまったく分からないが、歯科医だって理論的には関係ないとしか、説明できないだろう。
何故なら、幼稚園児の永久歯に冠を被せて、7年後にはどうなるかなんて実験は出来ないのだから。

12歳の少女がバスで通うには大変だったけど、本当にくまごろう歯科に来て良かった。
さすがくまごろうちゃんのお父さんだ。

7年間被さっていた銀歯とお別れして、受付でお金を払う。
これで治療は終わりだ。
くまごろう歯科の皆さんありがとう。
院長先生も魔法でありがとう。

その時、受付のくまごろうちゃんのお母さんが言った。
「くうにゃん、うちに泊まりにいらっしゃい」

私は5年ぶりに、くまごろう先生と再会することになる。

正月休み

01/04
今日で正月休みも終わり。
休み中やったことは、ひたすら掃除と片付け。
数年ぶりに神棚の掃除をした。
あー、これじゃあ神様も逃げ出すわっていうくらい、ほこりまみれになっていた・・・

今までどんなけ具合が悪かったのかよ!!
具合が悪くて、高いところに登って、上を向くという好意が出来なかったわけ。
首が痛くて動かなかったから。
まだまだ完治とは行かないけど、首が動くようになってきたんで、やれることが増えてきた。

謹賀新年

01/01
平成21年かー。ふぅ。
丸山咬合療法をはじめてもうすぐ1年。
去年1年間は顎のことばかり考えていたなー。

「趣味なんですか?」って聞かれて、思わず「顎の位置を考えること」って言いそうになったもん。
そんな趣味あるんかい?!

今年は顎の位置が安定して、装置がずれないでいてほしい。
途中で治療を止めてしまったら、今までの苦労が水の泡となってしまうし、このブログの結果も大きく変わってしまう。
今年もくまごろう先生と二人三脚で頑張るわ。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。