Archive | 2009年04月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親知らず抜歯で酷い目に その3

04/29
人生の中で辛かった事をいくつか思い返すと、「右下の親知らず抜歯」が出て来る。
私は外科矯正しているが、抜けない親知らずの方が何倍も辛かった。
顎変形症の手術の苦痛なんて、この抜けない親知らずに比べれば大したことじゃない。

1回目の右下親知らず抜歯(失敗)から1週間が過ぎた。
1週間は熱が下がらず、ほとんど家で寝て過ごした。
2回目の抜歯当日になっても、右の顎は痺れているし、熱も37度あった。
この状態で抜歯するんだろうか?
私は大きな帽子を被り、バスに乗った。

ゴリラ先生:「今日こそは抜くよ」

私もその言葉を信じた。

が、

抜けない。
切っても、引っ張っても、抜けない。
元々熱があって弱っている身体が持たない。
気が遠くなる。
もう、何だか分からない。
すごく時間が経っている。
この苦痛からいつになったら解放されるのか?
どれくらい時間が経ったのだろう?

ゴリラ先生:「あー、もう止めよう」

私は解放された。
昼間来たのに、外が暗くなっている。
解放まで4時間が経過していた。
結局、親知らずは抜けなかった。
そしてゴリラ先生はこう言った。

ゴリラ先生:「私のプライドはボロボロだ」

( ̄□||||!! ボロボロなのは私の身体だ。
この歯科医は患者のことよりも自分のプライドが大事なのだ。

鏡を見た。
腫れていると言うより、目から下が曲がっているという方が正しい。
目も痛い、頭も痛い。

私はこの後、タクシーに乗ったことは覚えているが、どうやって自分のベッドまでたどり着いたか覚えていない。
熱はまた38度が続き、暫くは寝たきりの生活になった。

親知らずは中途半端にかけた状態で残ってしまった。
歯列矯正をするために3回目の親知らず抜歯は、それから3か月後、大学病院の口腔外科で行われることになった。
スポンサーサイト

親知らず抜歯で酷い目に その2

04/25
ゴリラ先生は右下の親知らずは20分で抜けると言った。
20分が30分になっても構わないけど・・・
30分、いやもう1時間は経っていると思う。

ゴリラ先生:「虫歯でもないのに歯がバラバラ崩れていく~」

途中で、「口腔外科のやり方に変えます」

私:「痛い!!」
麻酔をどんどん使う。

ゴリラ先生:「あー、もう麻酔をこんなに使ってしまった」

何だか気が遠くなっていく。
いったいどれくらい時が経ったんだろう・・・・

私:「寒い・・・」

私のこの一言で、ゴリラ先生は手を止めた。
時計を見ると3時間が過ぎていた。
鏡を見ると、顔の右側半分が酷く腫れている。
その顔を見て、嫁の歯科医が、

ヾ(@°▽°@)ノあはは 

と声をあげて笑った。
なんという歯科医だ。

熱は38度。
麻酔が効きすぎて、何も感じない。
口の中を食いちぎりそうな勢いで噛んでも、何も感じない。
やがて口内炎だらけになった。

麻酔が切れても、痺れは戻らなかった。
右側の顎がずっと痺れている。

ゴリラ先生は1週間後、また抜くと言った。
この時、諦めてくれれば私はこの後、あんな辛い思いはしなかったのに。

テレビで放送されたけど「顎関節症」

04/21
今日放送されたテレビ、「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」を見た。
テーマは「かみ合わせ、顎関節症、歯ぎしり」

この放送を見て分かったのは、検査の方法だけ。
肝心な治療法がさっぱりわからぬまま終わってしまった。
顎関節症で激しい痛みがあって、口が開かないような人は、歯列矯正も出来ないだろうし。

テレビでは結局、専門的な検査を受けなさいってことだった。
まあ、検査しないと詳しいことはわからないってことだね。
出演された先生の歯科のHPには、検査料金が記載されたいた。

顎機能精密検査として  63,000円

w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

親知らず抜歯で酷い目に その1

04/20
私の右下の親知らず1本を抜くのに、3回合計8時間かかっている。
普通1本に8時間はありえないだろー。

歯列矯正するためには、まず親知らずを抜くと言われた。
左下の親知らずは1年前にゴリラ先生が抜歯している。
私はあまり深く考えず、いとこの歯科医、ゴリラ先生の元を尋ねた。
ゴリラ先生は現在は大学病院の歯学部で準教授の肩書きをもつ先生だが、奥さんは開業医(歯医者さん)で、当時はゴリラ先生も土曜日は診察していた。
2001年3月の土曜日だった。

レントゲンを見たゴリラ先生は私に言った。

ゴリラ先生:「横に生えているけど、20分くらいで抜けるよ」

そうして右下の親知らず抜歯が始まった。
今、考えると水平埋伏だったと思う・・・

大学病院の口腔外科に行ってみる

04/19
大学病院の口腔外科に行ったのはお盆休みだった。
いつのお盆休みかというと、たぶん2000年のお盆休みだったと思う。

いろいろ検査をした。
レントゲンやMRIも撮った。

私:「顎がガクガク鳴ります。どこで噛んでいいのかわからないんです」
 
口腔外科先生:「おおぉ、鳴るねえ」

ここで顎関節症と診断された。
結局大学病院の口腔外科で言われたのは、「顎関節のクッションになっている部分がずれかかっているから、ガクガクしているけど、そのうちずれきるとガクガクしなくなる」
早い話が「治るわけではないけど、1年もほっとけばガクガクしなくなる」ということだった。

えー、でも私はどこで噛んでいいのかわからない。
口をだまって閉じていることが出来ない。
噛み合わせを治したいのだ。
もちろん歯並びもきれいにしたい。
今のままでは、自分の歯で自分の口腔内を傷つけてしまう。
一度は決心したものの、歯列矯正するべきか・・・悩む、悩む、悩む

悩んでいる間に体調はますます崩れていった。
横になることが多くなり、仕事も辞めることになった。
やっぱり歯列矯正しよう。
まず、残っている右下の親知らずを抜歯することにした。
私はこの親知らずで、あり得ないような酷い目にあった。

矯正専門の歯科に行ってみる

04/18
一大決心の末、ゴリラ先生が紹介してくれた矯正専門の歯科へ行った。
ベテランの先生だった。

赤い咬合紙をカチカチ噛んで、噛み合わせを診る。

矯正先生:「どこも噛み合ってません」

Σ(|||▽||| ) あー、やっぱり・・・

私:「あの、顎がガクガクするんですけど」

矯正先生:「えっ、顎がガクガクするの? それなら大学病院の口腔外科に行って下さい」

(゚ー゚*?)オヨ? 口腔外科?

私:「こちらで矯正はしていただけないんでしょうか?」

矯正先生:「顎がガクガクするなら、まず大学病院の口腔外科に行って下さい」

あまり詳しい説明がない。
とにかく大学病院に行けということだ。
はー、せっかく矯正しようと決心したのに、また振り出しに戻った。

ゴリラ先生にこのことは報告した。

ゴリラ先生:「顎がガクガクするなんて言ったらダメだよ」

( ̄□ ̄;)!! いくらなんでも歯科医に隠して歯列矯正は出来ないだろー。

大学病院の診療時間は平日の17時まで。
大学病院の口腔外科にはなかなか行けなかった。
また時間が流れていった。

どこで噛んでいいのかわからない

04/17
顎がガクガクする。
どんどん酷くなる。
身体の疲労感がとれない。
背骨から崩れていきそうな感じがする。
お風呂に入るのが億劫だ。

それと同時期、ある日のショックな出来事で不眠症になった。
まったく眠れない。
昼も夜も眠たいという感覚がない。
眠たくなるまで起きていようとしたが、いつまで経っても眠れない。
でも身体は眠ろうとしているので、体温が下がる。
寒くて、寒くてしょうがない。
体温調整がうまく出来なくなった。
仕方ないので、睡眠薬を飲んで無理やり寝ることにした。

1年もすると、顎のガクガクはさらにひどくなった。
顎間接症は4種類に分かれているらしいけど、私の場合は痛みはない。
顎がガクガクして、どこで噛んでいいのかわからないという状態。
喋っているときと、食べているときは口を動かすので、何とかなるが、口をだまって閉じていることが出来ない。
これじゃあ、ノイローゼになりそうだ。
元々歯並びが悪いうえ、口を常に動かしているので、口の中は自分の歯で傷つけ、口内炎だらけになった。

何とかしなければ・・・・
いとこの歯科医、ゴリラ先生に診てもらった。
小さいガムのような噛むものを作ってくれたが、まったく役に立たず。
ゴリラ先生にも噛み合わせが悪いことを指摘された。
根本的に噛み合わせを治すのは、歯列矯正だろうか?
それから数ヶ月悩んだが、あまりに辛いので、ゴリラ先生の同期の矯正専門医を紹介してもらうことになった。

地獄への階段を下りる音

04/16
私が廃人になったのは明らかに歯列矯正が原因だが、歯列矯正するきっかけになったのは、顎関節症だ。
今から10年くらい前のこと。

ネフローゼ症候群は4年間の治療で完治したが、ステロイドを飲まない私はやっぱり虚弱体質だった。
体力はないが、友達も多く、性格は活発だった。
友達と同じには行動出来なかったが、スキーやゴルフもやったし、旅行にもよく行った。

そんな頃、眠ろうと横になると顎がガクガクする。
最初はそれだけだったが、徐々に昼間も顎がガクガクするようになった。
この顎のガクガクという音が、「地獄への階段を下りる音」とは、この時は気づかなかった。

腰痛で歯医者

04/10
母がくまごろう先生に診て頂いた。
くまごろう歯科は完全予約制だが、丸山咬合療法は装置ずれると、急に具合が悪くなるので、いつも緊急で対応して頂いている。

くまごろう先生に診て頂いたところ、腰から足まで痛いのは、筋をねじったからで、装置がずれているわけではないとのことだった。
装置がずれても同じように痛くなるので、ここが素人では判断しにくい。
まず先生に診ていただいたので一安心。
MPAをしていたほうが、治りも早いと言われたので、母も頑張って装置をしている。
いつも迅速に対応してくれるくまごろう先生に感謝!!

自転車で転ぶ

04/09
もう2週間前になるが、母が自転車で転んだ。
自転車を止める時に脚をついたが、そのままへなへなと倒れたらしい。
膝の手術しなさいって言われている人が自転車に乗るか?!

2日間はトイレに行くたびに着いて行った。
3日目から家の中だけは、つかまりながら歩けるようになったけど、いやー大変だったわ。
総合病院の整形外科に着いていったら、予約は9時30分だったのに、診察は11時過ぎ、その後薬を変えてもらって、会計したら12時過ぎていた。
病院は半日がかりで往復タクシーですもの。

骨は何でもない様だけど、筋をおかしくしたみたいで、これがなかなか治らない。
やっと2週間経って、少し歩けるようになった。
2週間、変な歩き方をしていたので、MPA装置もずれてしまったかもしれない。
明日はくまごろう先生に電話してみると言っている。

くまごろう先生の患者さんは、歯の治療だけじゃない。
先生も大変だわー。

「首」こそ病気退治の急所!

04/06
今日、銀行で見た雑誌「健康」の表紙に目が留まった。
【「首」こそ病気退治の急所!】
さっそく読んでみる。

首の異常が様々な不定愁訴を起こす原因と書かれていた。
うんうん、その通り!!
私とぴったり当てはまる。

で、どうして首に異常を来たすのか、根本的にどんな治療をするかと言えば、

の、載っていない・・・
載っていたのは、ヘルスケアのことばかり。
ストレッチとかヨガとか枕とか暖めるとか・・・
私はヘルスケアも大切だと思っている。
でも、根本的な治療が知りたいじゃない。

私が語ってやろうかー!!
と思いながら、銀行を後にした。

地獄のダイエット

04/04
丸山咬合療法とステロイドの治療が似ていると言ってもステロイドを使ったことが無い人には、ピンとこないと思う。
わかりやすくて、似ているのがダイエット。
ダイエットを始めてると最初はすぐに体重が落ちるでしょ。
でもまたリバンドしたりして、なかなか成功は難しい。
成功には努力と根性が必要なのよ。

最近はテレビでタレントのダイエット企画もやっているけど、あんなの私に言わせれば全然大したことじゃない。
私の方がよっぽど辛いダイエットだった。
私は太る副作用のある薬、プレドニン10mg(2個)を飲みながらダイエットしたのだ。

薬の副作用で13kgも太ってしまった。
太ったといっても53kg。
元々の体重は40Kgしかなかった。
しかし副作用で丸くなった顔だけみると、60Kgはあるように見える。
これだけ太って見えると、病気なのに健康そうに見られるのがイヤ。

こんな姿では人にも会いたくない。
体重も増え続けている。
ダイエットしても体重が53Kgをキープするだけで、まるで減らない。
普通のダイエットではダメなのだ。
40Kgは痩せすぎなので、目標45Kgにした。
この体重が私にとってはベスト体重。

そこで私は「スタファー」という機械を使った、健康教室みたいなところへ通った。
それから地獄のダイエットが始まった。
スタファーは寝ながらにして、エアロビクス効果のあるという、ありがたーい機械だった。
それを週6日、毎日通う。

毎日、食べたものはメモする。
米、パン、麺類の炭水化物は食べない。

基本のメニューは、
朝 プレーンヨーグルト
昼 ゆで卵1個、カロリーメイト1個、りんご半分
夜 野菜、海草が中心

大体1日のカロリーは600~900カロリーくらい。
これを9月から11月までの3か月間続けた。
暑くても寒くてもこのダイエットは過酷なので、季節を選んだ。

何が辛いかって、醤油は極力かけず、味付けは酢。
身体から塩分が抜けていくのを感じる。
そうすると痩せやすくなる。

最初はすぐに3Kg痩せた。
しかしその後は、なかなかな痩せない。
頭の中は飢餓状態になる。
いつも食べ物のことを考えていた。
焼肉やカツ丼を食べている夢を良く見た。

ネフローゼ症候群の治療で2件目の病院は、大学病院だった。
必ず尿検査をする。

内科医:「アルブミン出てるけど、お腹空いてる?」

あ・・・( ̄▽ ̄;)

私:「あの・・ダイエットしてるんですけど」

内科医:「ダイエット?プレドニン飲んでのに根性あるなー、まあ無理しないでね」

私:「はい」

無理しないで痩せるかよー!!

48Kgまで来るとまったく痩せなくなってしまった。
夕飯、もやしに酢をかけて食べる。
それだけの食事でも痩せない。
これが3週間も続いたある日、体重はストンと落ちた。
そしてついに45Kgを切ったのだ。
マイナス8Kgでダイエットは終わった。

レストランで米の飯を食べた。
涙が出た。

念願の焼肉を食べに行った。
もう胃が小さくなっていて、少ししか食べられなかった。

もうこんな過酷なダイエットは絶対にしたくない。
丸山咬合療法もダイエットも根性が必要なのだ。

私の友達がくまごろう先生にこんな質問をした。

友達:「丸山咬合療法って痩せますかね?」

くまごろう先生:「私を見て分かるように・・・(^^)。でも丸山先生は痩せると言っています」

説得力に欠けています・・・

丸山式体験者の私の意見では、血行が良くなって新陳代謝が上がれば、エネルギーは消費されるけど、胃腸の調子も良くなるので、その分いっぱい食べるから結局痩せないってとこかなー。

過敏性腸症候群

04/02
NHKのためしてガッテン 「さらば!おなかの悩み」を見た。
私は幼い頃より虚弱体質で、腸も弱い。
まさに過敏性腸症候群。

テレビでは結局、心身ともにリラックスするとかで、これといった対処法はなかった。
これを見た廃人一家は思う。

過敏性腸症候群の原因はあごずれ!!

これは絶対の自信を持って言うわ。
何と言っても、丸山咬合療法は腸にテキメン影響する。
顎がずれているから、脳が腸に変な信号を出すんだと思う。
顎の正しい位置は、自分で鏡を見てもまず分からないよ。

ゲリがピタリと止まる顎の位置がある。
それが正しい顎の位置ということになる。
その位置をキープするのが難しいのよ~!!

お腹の空く医者

04/01
ネフローゼの治療と不定愁訴、外科矯正でたくさんの医者の診察を受けた。
ネフローゼの治療4年間では、病院も3つ変わったので、担当医も3人変わった。
3人目の若い医者が言った一言が今も思い出される。

ステロイドの量も大分減ったので、近所の大き目の病院に通院した。
土曜日の受付はお昼12時までだった。
当時、この病院は予約はなかった。
最初は早い時間に行ったが、とにかく混んでいる。
私は尿検査をして、薬の処方箋を書いてもらうだけなので、診察の時間はとても短い。
何度か行ってる間に、早い時間に行っても、受付ギリギリに行っても、終わる時間はあまり変わらないことがわかった。

昼12時を過ぎると3人目の若い医者は不機嫌だった。
そして彼はこう言った。

医者:もっと早く来てくれない!! お腹空くんだよね!!

( ̄□ ̄;)!!

患者だって、看護師だって、スタッフ全員がお腹空いていると思いますけど・・・

私が通院しなくなってまもなく、お腹の空く医者は病院を変わったらしい。
今頃は40代になって、バリバリの内科医になっているかも?しれない。
まぁ、丸山先生の学会の歯科医は務まらないね。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。