Archive | 2010年04月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ、くまごろう歯科に行こう

04/30
母が丸山咬合療法を受けてから、3か月ほど経ったある日。

私は食も細く、あまりいっぺんに食べることが出来ない。
そこで通勤の帰り道には、よく飴をなめていた。

夕方になると血糖値が下がるのか、飴をなめると少し調子が良い。
今、考えてみると、飴をなめることによって、舌使いが変わり、奥歯でかみ締めないのも良かったのだろう。

その日はちょっと溶け掛かった、チェルシー(ヨーグルト味)だった。

電車の中

ふふっ、やっぱりヨーグルト味はサイコー。

なんか、いつまで経っても溶けないなー。

溶けないわけがないよなー。

どうなっているんだー?

味がしなくなってきた・・・

電車を下りたところで、ティッシュに飴を吐き出した。



飴じゃない!!

そこには銀色の物体があった。

歯の詰め物が取れたのである。

わー、取れた!!
歯医者さんに行かなくちゃ。

大学病院の矯正科、口腔外科、保存科に長いこと掛かっている私は、一般歯科に行く理由がなかった。
しかしこれで大学病院以外の歯医者さんに行く理由が出来た。

そうだ、くまごろう歯科に行こう。
くまごろう先生に会いに行こう。

2007年9月のことだった。
スポンサーサイト

1時間の治療

04/23
本日は母がくまごろう歯科を受診した。
仮止めしてあった上3番の歯は、本日で治療が終わったとのこと。
ポロッと折れてしまい、一時はどうなるかと思ったが、たった2回の通院で終了。
もちろん神経は取ってしまったし、またいつか治療は必要になるだろう。
でも母はとっても元気。

本日の治療は1時間ほどかけて頂いたそうだ。
母は膝が悪いので、何回も通うのは確かに大変だ。
本当にありがたい。

1時間の治療といえば、結構な金額になるだろう。

私:「今日はいくら掛かったの?」

母:「590円」

あー、やっぱりくまごろう先生は、お金儲けはヘタかも・・・
だからくまごろう歯科はいつも混んでいるんだろうけどね。

顎関節ドットコム

04/21
私が具合が悪くなったのは、歯列矯正のブラケットを外した日からだが、そもそも歯列矯正をしたきっかけは顎関節症だ。
インターネットで顎関節症を調べると、患者側からの情報は少ない。
2007年8月、患者さんのHPを見つけた。
顎関節症の患者さんは、ご存知の方が多いと思う。



本日、リンクさせていただいたのは、顎関節ドットコムです。

http://gakukansetsu.com/


こちらはいろんな意味ですごいサイトです。
私はリンクさせていただくときは、そのHPをすべて読んでからにしているのですが、ここは膨大な書き込みがあって、流石にすべて読むことは出来ません。

ここに書き込みされている患者さんには、この方は本当にただの患者なのかと思うくらい知識豊富な方が沢山いらっしゃいます。
歯科医からの書き込みも多く、書き込んで下さっている先生は皆さん勉強熱心だと感じています。

私の注目は「私の理論・過去ログ」の【1】です。

丸山咬合療法を勉強された先生のご意見も書かれていますし、バイオプレートの上西先生が直接書き込みされています。
私はバイオプレートに関しては、まったく知りませんが、この1ページだけでも読む価値あります。

それとこちらの管理人さんが「患者会」を立ち上げました。

http://www.hatokarada.jp/

2009年5月24日には、第1回のシンポジウムが開催されました。
私は残念ながら参加できなかったのですが、筒井照子先生のお話は聞いてみたかったです。

患者会は数回開かれていますが、参加された方にお話を聞くと、丸山式は良く言われないそうです。
お手伝いされているジャーナリストの影響が強いと思われます。
私はいろんな意見があって当然だと思っています。
批判もあることでしょう。
この治療の辛さは私自身がよく分かっています。

でも、こんなに頑張っている先生も沢山いるのに可哀想・・・
だから私が完治しなくちゃって思うのよ。

頚性神経筋症候群

04/18
東京脳神経センターの先生が書いた本を、偶然本屋さんで見つけたので、買って読んでみた。
お値段 580円





(゚ー゚)(。_。)ウンウン まさに症状は私とぴったり!!
首のコリは不定愁訴の原因になるってことね。
私も頚性神経筋症候群と言って良いと思う。

自分で出来る首コリ改善は、規則正しい生活、食べ物、運動など、日ごろくまごろう先生が仰っていることとほぼ同じ。
素晴らしいじゃないのー。

で、どのような治療をするかと言えば・・・

低周波と電気鍼と遠赤外線治療


これで完治するのか???

本には一般に売られている低周波治療機とはまったく別なもの、鍼治療も東洋医学のツボとは異なるとかいてあるけどね。

早速、ネットで調べてみた。

結論から言うと、ここで治った人もいれば、治らなかった人もいるということ。

実際入院された方のブログを読んでわかったことは、
まず患者は全員、首のあたりの後ろ髪を剃られる。
完治しなくても、入院3か月で退院させられてしまう。
その方は結局、完治しなかったと書かれていた。

今まで身体を酷使していた人が、入院して規則正しい食生活して、毎日治療を受けていたら、そりゃあ良くなる人もいることでしょう。
退院後元の生活に戻ったら、身体も首も元に戻っちゃうんじゃないの~?

現実、完治したっていう人も沢山いるんだろうけど、同じ生活を続けていくのが、難しい治療だと思った。
入院施設は四国なのに、入院は1年待ちというのだから、首が辛い人って沢山いるのね。
私もくまごろう先生と出会わなければ、藁にもすがる思いで、行っていたかもしれないし・・・
治療も出会いよね。
どんな治療であれ、私は皆も治って欲しいと思っているよ。

保存科では

04/16
4月8日の続き

大学病院の口腔外科、矯正科と受診した後に、保存科も受診した。
保存科の中は細かく分かれているようだが、私が通っていたのは、予防科なんだと思う。
ブラケットをしているときは、必ず矯正科とセットで受診した。
まず保存科で虫歯がないかチェックして、きれいに機械で歯を磨いてもらう。
その後、矯正科へ移動するというパターンだった。

保存科の担当医も決まってはいたが、6年間で担当医に当たったことは、数回しかなかった。
予約していても、ほとんど「別の先生でも良いですか?」と言われた。
まあ、虫歯のチェックをして、歯を磨いてもらうくらいは、誰でも構わない。
大抵は若い先生に当たることが多かった。
どちらかというと、私もその方が良かった。(^^)
担当医はヨレヨレの白衣を着た、おっさんだったので・・・

リテーナーになってからは、自分で綺麗に磨けるし、歯の痛みなどもなかったので、あまり保存科に来ることはなく、数か月に一度、歯石を取ってもらっていた。
この日も担当医ではなかった。

保存先生:「綺麗な歯茎ですねー。うちにはこんな患者さんはいませんよー(^^)」

私:「矯正していたので、保存科に通っていたんです」

保存先生:「そうですか。あっ、ちょっと君~」

先生は研修医らしき若い先生を呼んだ。

保存先生:「すごく綺麗なピンク色の歯茎だろう。これが健康な歯茎の色だよ」

歯石を取ってもらい、機械で歯を磨いてもらってこの日も終了。
思えば6年間、虫歯になることもなく、歯周病になることもなく、何もトラブルはなかった。
保存科では、私は優等生だった。

しかし・・・



具合が悪い。

歯は折れても使える?

04/15
13日のブログに母の折れた3番の歯は、差し歯だったらしいと書いたが、本日くまごろう先生に確認したところ、本当の神経のある自分の歯だったことがわかった。
3番の歯は、折れるまで活躍してくれたのだ。

くまごろう先生のお話では、神経を取り、根の治療をし、これからもこの歯を使うということだった。
そんな技術があるのか。

3番の歯よ、これからも頑張っておくれ!!

帰ってきた糸切り歯

04/13
上3番の歯が抜けて、3日間寝込んだ母だが、本日はくまごろう歯科を受診した。

もう昨日とは別人よー!!

私が夕方帰ってきたときは、フライパンをバンバン振って料理していた。
すごーい!!

私は母の3番は自分の歯なのかと思っていたが、実は差し歯だったらしい。
もう歯は付いていた。

本当にね、歯と顎の位置で人間はこんなに変わってしまうものなのね。
こんなこと知らないで生きていたら怖いわー。

歯がないと

04/10
昨日、母の歯が折れた。
そして今日は寝込んだー。

なんとわかりやすい廃人一家。
あごずれ恐るべし。

くまごろう先生も悩むだろうな~。

歯が折れた

04/09
本日、母の上の歯、右3番(糸切り歯)がポッキリ折れてしまった。
いっぱい加工してあるから、これが本物の歯なのかもしれない。

思えば母はくまごろう先生に診て貰うまでは、寝たきりになるのではないかと思うくらい具合が悪かった。
母は丸山咬合療法を受け、補綴をし、入れ歯を作り直し、蘇った。

くまごろう先生でなければ、母はとっくに総入れ歯になっていたと思う。
3番の歯よ、今までありがとう。

また来週から母は、くまごろう先生にお世話になる。
歯医者さん選びに迷いなし。

矯正科では その2

04/08
再手術?!

私が黙ってしまうと、矯正の先生は慌てたように言った。

矯正先生:「いやいや、再矯正なんかする必要ないですよ。十分綺麗な歯並びですよ(^^)」

そして、妙にニコニコしている。

だから、あんた今、再手術って言ったでしょ?
矯正医は再手術の件には触れてこない。
すっかり自分で言ったことをなかったことにしている。( ̄□ ̄;)!!

現実、再手術は再矯正よりも不可能な話だ。
私が口腔外科の先生に、「矯正科で再手術しないのかって言われましたー」と伝えたところで、揉め事を増やすだけで、私の具合は良くならない。

仮に、本当に再手術になったところで、また術後矯正が始まり、リテーナーになった私の歯は前歯を押し出すだろうし、顎は元へ戻ろうとする。
何か根本的に具合の悪くなった原因が分からなければ、私は永遠に手術と矯正を繰り返す事になる。

この日を最後に私は口腔外科を受診するのを辞めた。
揉めたくなかったからだ。
もう私にはそんな元気は残っていない。

続いて私は保存科を訪れた。

矯正科では その1

04/04
口腔外科受診後、矯正科を訪れた。
矯正の担当医は、この6年間に随分えらくなったみたいだ。
新規の患者は診ないで、後輩達の指導をしているという。

私:「口腔外科の先生に再矯正しないんですか?って言われましたけど」

いつもはにこやかな矯正医の表情が一変した。

矯正先生:「僕から言わせたら、再手術しないのか!だよ」


再手術?!


私: 「・・・・」




このまま自分が消えてなくなりたい・・・

口腔外科では

04/03
2004年4月、歯列矯正のためのブラケットを外した日から具合が悪い。
医科であらゆるドクターショッピングをしている間も、私は歯科に通い続けていた。
私は大学病院での外科矯正だったので、矯正科の他に口腔外科、保存科にも定期的に通っていた。

口腔外科には手術前後は頻繁に通ったが、私はすぐ口が開くようになったので、1年検診、2年検診という感じで、久々に口腔外科を訪れた。

そんな定期健診のときに、私の下顎を手術した歯科医がとんでもないことを言った。

口腔外科先生:「再矯正しないんですか?」


再矯正?!


私:「えっ、再矯正?そんなに変わっていますか?」

口腔外科先生:「前歯が出てきてしまっていますね」

私:「具合が悪くて、暫くリテーナーを外してみた時期があります。下の歯で上の前歯をグイグイ押したんです」

口腔外科先生:「リテーナーしてないと動いちゃうんだよね」

私:「でも・・・再矯正はしないと思います」

口腔外科の先生は簡単に再矯正と言ってくれるが、現実はそんなに簡単に出来るものではない。
私にはもう、そんなお金も時間も気力も体力もない。

確かに細かく測れば、手術直後よりは上の前歯は出てしまったが、私は抜歯矯正しているので、小臼歯一本分が元に戻ってしまったわけではない。
元々出っ歯だったので、それを思えば綺麗な歯並びだ。

その後、矯正科へ向った。
ここで波乱が起きる。

サルコイドーシスとあごずれ

04/02
退院してから、食欲旺盛な母。
今日は近所に住む伯母のところへ一人で歩いて出かけた。

母はサルコイドーシスという難病を持っている。
もう発症して10年以上経つが、未だに原因が分からない。
原因が分からないから、治療の方法も特にない。
だから難病と言うのか。

3年前の2007年、母はまったく食欲がなかった。
唾液が出ないのだ。
総合病院の口腔外科で検査すると、サルコイドーシスによるリンパ線の腫れが、唾液腺を圧迫して唾液が出ないという。
唾液が出ないと、口の中はいつも乾燥して、熱を持っている。
痛くて食べることが出来ない。
食べることが出来ないと、人間は弱っていくし、外にも出なくなってしまった。

あれから3年、今や母はチキンフィレサンドを2つ食べるという快挙。

私:「唾液が出る治療って何かやった?」

母:「何にもしないけど、唾液がでるようになった。あの時が口に火がついたみたいで一番辛かったわ」

おおぉぉぉ w(*・o・*)w これはまさに丸山咬合療法の成果ではないか。

別な病気でも母と同じように、唾液が出なくて苦しんでいる人は沢山いるはず。
あごずれ治療をして、唾液が出るようになるというのは考えられると思う。
もしかしたら、これで沢山の人が助けられるかもしれない。
サルコイドーシスを研究している呼吸器科の先生には、咬合という発想はないのか?

治療を受ける前は50万円は高いなーと思ったが、今、母が美味しそうに食べている姿をみると、思い切って治療を受けて良かったと思える。

黒豆ダイエット

04/01
母が退院して、すぐに「食べたい」と言ったものは、なんとケンタッキー。
母はチキンフィレサンドを2つペロリと食べた。
食欲旺盛なのはいいけど・・・

さて、こんな食生活をいつまでも続けているわけには行かないので、先日テレビでやっていた黒豆ダイエットを我が家でも実践してみることにした。
うちではダイエットというよりも、体重がこれ以上増加しないようにと、お通じをよくするのが目的。

我が家は割と豆類を食べる方なので、黒豆のストックはあったが、スーパーでは早くも品切れが相次いでいる模様。
かつてプレドニンを飲みながら、ダイエットした私から言わせていただくと、黒豆食べて普通に食事しても痩せませんから~。

安田大サーカスのヒロさんが20Kgも痩せたというのは、元々の体重がケタはずれだし、運動もしている。
黒豆を食べたことによって、その分食事も減らしているのね。
そのことがあんまりテレビでは強調されてなかった。

母は黒豆が好きなので、これなら続けられそう言っている。
良い結果が出たら、くまごろう先生にも勧めてみようかな~。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。