Archive | 2010年08月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら大学病院 その3

08/31
くまごろう先生はリテーナーであれば、大学病院の矯正科に通いながらでも良いと仰っていたが、矯正の先生には受け入れてもらえなかった。

大学病院では、この頃から矯正患者一人一人に、手書きで治療の説明書を渡す制度になったようで、最後の受診の日に頂いた、「歯科矯正管理説明書」を今でも私は手帳に挟めて持っている。
以下はその説明書に書いてあるものだ。

歯科矯正管理 説明書

平成19年11月20日

病名 顎変形症術後

症状 上下2-2にわずかですが動揺が残っており、本来でしたら、しばらくリテーナーの継続を勧めるところなのですが、ご通院頂けないとのことですので、本日でリテーナーの使用も完了といたします。
今後は他院での治療をお受けになるのでしたら当方で勝手な対応ができなくなりますが、そうでない場合でしたら、何かございましたらご連絡頂いたうえでご対応させて頂きます。



大学病院に通い始めてから、6年半は経っている。
まさか最後はこんな形で終わるとは思わなかった。
綺麗な歯並びとがっちりとした噛み合わせ、オトガイ形成術による美しいEライン。
なのに私は具合が悪い。
もう生きているのが辛いぐらい具合が悪いのだ。

私:「最初の下顎を前に出した手術は意味があったのでしょうか・・・?」

矯正先生:「僕にはわかるよ」

私:「先生しかわかりませんよ。でもオトガイ形成はやって良かったです」


私:「本当に長い間ありがとうございました」

矯正の先生は何だか、私がサギにでも合うのではないかというような心配そうな顔をしていた。
私にはそう見えた。

私の矯正が成功だったのか、失敗だったのかわからない。
でも、矯正の先生も、口腔外科の先生も頑張ってくれた。
具合の悪い原因は明らかに咬合に関係あると思うが、とても恨む気にはなれない。

さようなら、さようなら大学病院。
スポンサーサイト

さよなら大学病院 その2

08/27
腕が下がらいと言っているということは、矯正の先生は丸山咬合療法の検査についてよく御存じなんだろう。
しかし、私だって頭は良くないが、バカではない。
フラフラな身体に力が入るのは、気のせいなんかではない。
その後もあまり評判のよろしくない話を聞いた。


私:「でも、先生は私の友達なんです」

よほど私に丸山咬合療法は受けさせたくなかったのだろうか

矯正先生:「再矯正しますか?」

プライドの高い矯正医のこの言葉には、とても驚いた。
再矯正するということは、自分の矯正は失敗だったと認めることではないのか。
しかし、いくら再矯正しても、なぜこんなにも具合が悪くなったのか、理由がわからぬままでは、ただ前歯の角度が少し変わるだけで、何も解決することはないだろう。
かみ合わせはがっちり合っている。

私はブラケットが外れるころには、とても体調が良かったのだ。
具合が悪くなったのは、ブラケットを外した、その日からなのだから。
体に力が入らない、目は半開き、首はちぎれるほど痛い、お腹も弱いし、気を失うことさえある。
具合の良い日なんて、一日もない。
なぜ、こんな風になってしまったのか。
この理由がわかる先生でなければ、私の身体を元に戻すなんてことは出来ない。


私:「いいえ、もう再矯正する気はありません」

矯正先生:「僕からは何も言えない、よく調べてからにして」

えぇ、調べますとも。
調べますともよ~。

さよなら大学病院 その1

08/21
2007年11月、大学病院最後の受診の日がやってきた。
前回、矯正医は丸山と聞いただけで顔色を変えた。
まったく相談することは出来なかったが、この最後の日、矯正医は前回と違っていた。

矯正先生:「僕からは何も言えないけど・・・」
と、前置きし、小さな声で話始めた。

矯正先生:「丸山先生の治療で実際裁判になっている人もいるんだよ」

!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

矯正先生:「金額聞いてる?」

私:「はい、50万って聞きました」

矯正先生:「50万なんかで終わらないよ」

!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

私:「うちの母親はもうすでに治療を始めていますが、50万以外は払っていません」

矯正先生:「・・・・」


矯正先生:「押されても腕が下がらないでしょう?あれは気のせいだから」

(゚○゚)!

気のせい?!

この一言で、大学病院とお別れする決心がついた。

くまごろう先生の自宅に電話する

08/20
2007年11月、意を決して、くまごろう先生のご自宅に電話した。
丸山咬合療法について詳しく聞いてみたいのと、くまごろう先生は何故、「絶対良くなる」と言えるのだろう。

夜の9時ころ、電話に出たのは、くまごろう先生だった。
この日のくまごろう先生との会話は今でも鮮明に覚えているし、ブログを書き始めたころには、この会話を書きたいと思っていた。
しかし今になってみると、くまごろう先生の発言はきっと、歯科医師としては不適切なんだろうと思う。
なので、この日の会話は簡単に書くことにした。
あくまでも、友達同士の会話として読んでもらいたい。

くまごろう先生の咬合治療に対する自信は、9月にお会いした時と何も変わっていなかった。

私:「いったい、その自信はどこから来るの~?」

くまごろう先生:「だって、皆直っている。うちで治らなかった人はいない」

結果が自信になっているわけか。


くまごろう先生:「私の友達なんか、山のように薬飲んでたのに、咬合治療で今は一つも飲んでないんだよ」

私:「ほー」

くまごろう先生:「うちの院長なんか、腰の手術することになっていたのに、手術しなくて良くなったんだよ」

私:「ほー、それはすごい」

くまごろう先生:「うちの母親なんか、長年の背中の痛みが取れたんだよ」

私:「ほー、それはすごい」


くまごろう先生:「うちの○○なんか、うちの××なんか・・・・・」

うわー、親族、友人、知人、咬合治療で治った人がぞくぞく出てくる。
アトピーまで治った人がいた。


くまごろう先生:「不妊症の人が妊娠したんだよ」

ヾ(@°▽°@)ノあはは 

でも、東洋医学の鍼なんかの不妊治療と考え方は似ているかも。


くまごろう先生:「髪の毛が生えてきたおじさんがいるんだよ」

ヾ(@°▽°@)ノあはは
 

思わず笑ってしまうような症例もあったが、何だかくまごろう先生と話していると元気が出てきた。
私の母親も実際、丸山咬合療法でかなり元気になった。
くまごろう先生の治療を受けていなければ、今頃は寝たきりになっていたかもしれない。
私はもう一度、くまごろう歯科を受診することにした。

内科に戻る

08/18
母は心臓の検査で、とりあえず心配はないとのだったので、また糖尿病の患者として内科へ戻った。
相変わらず内科のベッドはいっぱいで、部屋は以前と同じ産婦人科である。

産婦人科と言っても、出産するような人はまったく見当たらなくて、抗がん剤治療している人の入れ替わりが激しい。
髪の毛が抜けてしまっている人が沢山入院している。

私も大腸のポリープが悪性だったことがあるから、やっぱり検査はまめにやらないとダメだな。
母の病院に行くと、いろいろ考えさせられる。

循環器科へ移動

08/11
7月3日に入院した母だが、現在も入院中である。
心臓の検査をするために、8月2日に同じ総合病院の循環器科に移った。
8月6日に家族が呼ばれ、医師より説明を受けた。
心臓の血管にカーテルを入れて、それで血管が詰まっていたら、手術という話だった。
説明は1時間以上かかった。
病院なのに冷房強すぎで、すっかり私の体が冷えてしまった。

8月9日にカテーテルの検査は行われたが、血管の詰りは心配ないということで、検査だけで終わった。
心配していたサンコイドーシスも、とりあえず心臓には影響はないということ。

あまり歩けないので、腰の痛みがあるが、装置をしていると良いという。
心臓はとりあえず良かったけど、血糖値がいまだ下がらないのよね。
まだ入院は長引くかなー。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。