Archive | 2010年11月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根本的に治りたい

11/30
丸山咬合療法を受けるまでには、沢山のドクターショッピングし、私は西洋医学に限界を感じていた。
そこで東洋医学ではどうかと考え、まず思いついたのは、鍼治療である。
当時、私は鍼の治療院を訪れたわけではない。

私が訪ねたのは、鍼の専門学校である。
鍼灸師になりたいというよりは、もう、自分で自分を治すしかない。
そんな風に考え、実際2校ほど説明会に行ってみた。

結局、私が鍼灸学校に通うことはなかった。

今考えると、その時は具合が悪くて、よっぽど切羽詰まっていたと思う。

そんな鍼について考えていた頃、くまごろう先生に様々な治療について質問した。

私:「いろんな治療があるけど、こんなのどうだろう?」

くまごろう先生:「いいんだけどね、それじゃあ根本的には治らないんだよね」

根本的に治りたい・・・

ダメもとで、鍼についても聞いてみた。

私:「鍼は?」

くまごろう先生:「鍼は良いよ!!」

意外な答えが返ってきた。

くまごろう先生:「西洋医学には限界があるの」

ますます意外な答えだ。
まるで私の心を見透かされているようだ。

私:「えっ?でも、くまごろう先生は西洋医学の先生でしょ」

くまごろう先生:「東洋医学の様に全身を診ないと根本的には治らない。丸山咬合療法は全身を診るの!」

根本的に治りたい


今もその気持ちは変わらない。

もちろん、くまごろう先生の根本的に治すという情熱は、今も変わっていない。
だから、私は諦めず治療を続けている。
スポンサーサイト

患者からの情報

11/27
2008年のお正月休みは、インターネットで咬合治療について調べた。
保険の効かない咬合治療は、沢山あることを知った。
丸山咬合療法については、歯医者さんのHPはあるものの、患者からの情報はほとんどない。

当時、1件だけ患者さんからの体験が記載されていたものがあった。
読んでみると、丸山咬合療法の後遺症で酷い目にあったと書かれていて、今はまた別の保険外の治療をしていて、その先生を絶賛していた。
会員制の歯医者さんらしい。

患者側からの情報は私にとってありがたい。

丸山咬合療法でどんなことになったか言うと、その方は酷いゲリ、吐き気で、まるで食中毒のような症状で、救急病院に行ったが、何でもないと言われて、これは丸山咬合療法のせいに違いないという内容だった。

ふーん、そんな事になるのか・・・

と、その時はあまり気にしていなかったが、後の治療で私も同じような経験をした。
この時、この患者さんがボロクソに書いてくれてお蔭で、私は慌てずに済んだ。

現在はこのページは削除されたのか、見ることが出来ない。
それにしても、いい情報だった。

ありがとう、GVなんちゃらかんちゃら!!

三匹の子豚

11/25
日本人なら誰でも知っているお話「三匹の子豚」

子豚三匹がそれぞれお家を建てる。

長男、次男、三男の兄弟だったかな?

長男ー藁の家
狼にふっーと、吹き飛ばされる。

次男ー木の家
狼にふっーと、吹き飛ばされる。

三男ーレンガの家
狼は太刀打ち出来ない。

そんなお話が、私は咬合治療とだぶる。

保険のスプリント 5000円 藁の家

保険の効かない装置 50万円 レンガの家

日本の歯科保険制度に、木の家はない。
木の家でも藁よりは、ずっとマシだろう。
藁の家をいくら修理したって、所詮藁は藁。

保険のスプリント その2

11/23
噛む

噛む

保険のスプリントをすごい力で噛み締めていた。

やがて私の身体に変化が起こった。

スプリントをはめると腰が痛い。

2週間ほどはめて寝ていたが、MFA装置が出来てくる前日にギブアップ。
腰が痛くて、ついにはめる事が出来なかった。

それでもこの2週間は、このスプリントにとても御世話になった。

ありがとう、保険のスプリント!!

しかし今、保険のスプリントをMFA装置やDS装置と比べてみると、まるで「おもちゃ」に見える。

私の知人で、夜寝ている間に食いしばるという方がいたので、くまごろう先生をご紹介した。

私:「私は保険の効かない治療だけど、くまごろう先生は普通に保険診療もしているから」

知人:「保険のにする。保険効くのも効かないもの同じでしょ」

え~!! 同じじゃないよー!!

と、思わず声を荒げてしまった。
同じスプリントなら、世の中すべての人が保険を使うだろうが。
まあ、患者には違いは分かりにくいのは確かだ。

ということで、保険の効くものと効かないものを比べてみた。


保険のスプリント


左が先日漂白したDS装置、右が保険のスプリント。

うーん、こんなに小さな写真だと違いがわかりにくいなぁ。

歯科での治療用のマウスピースもいろいろあるらしいので、一概には言えないが、私が使っているのは、すべて上顎にはめるタイプのもの。

私が使った保険のスプリントは表面がツルンとして噛む位置は決まっていない。

それに対して、MFA装置もDS装置も噛む位置は決まっている。

素材も厚みも作る技工士さんも、全然、違うんだけどな~。
もちろん、金額もケタ違いだしね。
違いがないと、当然こんな治療受ける患者だっていないのわけよ。

保険のスプリント その1

11/22
丸山先生の診断を受けてから1週間後、MFA装置より早く出来てきたのは、保険のスプリントである。
スプリントとは、マウスピースのことね。

丸山咬合療法を受けようかと、悩んでいたとき、とりあえず先に保険のスプリントを作ってみようという事になり、お願いしていたものだ。
金額は5000円くらいだったと記憶している。

保険のスプリントは2007年12月28日に受け取った。
予約は3時30分だったが、私の診察が終わると、衛生士さんがバタバタと片付けだした。
どうやら私が最後の患者だったらしい。
仕事収めだから、今日は早く終わるのだろう。

スプリントは、夜はめて寝るよう言われた。

さて、この保険のスプリントの効果はどうだったかというと、私にはものすごく効果があった。

ちぎれそうなくらい痛い首の痛みが軽減された。
痛いことは痛いが、スプリントがクッションになって、痛みが分散される感じになった。
なんぼ今まで食いしばっていたのかと、自分でもよくわかった。
はめていた方が首の痛みが楽なので、正月休みは比較的昼間もしていた。

寝たきりになるんじゃないかと思っていたこの年、私は数年ぶりに部屋の大掃除をすることが出来た。

つぼ押し

11/18
先日、知人から頼まれて年賀状を買った。
ご家族が郵便事業にお勤めらしい。

頼んだ年賀状を100枚ほど受け取ったが、その袋の中には年賀状のほかに、いろいろ入っていた。

こちら

年賀

ポストの貯金箱
ポストのマグネット

ん?

右の小さなぬいぐるみは何であろうか?

開けてみると、こんなんだった。

つぼ押し

品名:つぼ押し

帽子の部分が非常に硬くて、ここで肩や首を押すと、結構効くんだわ~。

大学生のアイデアで作られたとの事。
これなら、オフィスの机の上に置いてあっても、可愛くて良いわ。
ちなみにモデルは「ねこ」

私のヘルスケアグッズに入れておきましょう。

丸山先生の診断を受ける その2

11/14
丸山先生から顔色が悪いと指摘された。

いよいよ丸山先生が私の顎の位置を決める。
歯科専門用語では、「バイトを採る」と言う。

くまごろう先生:「くうにゃんは小学校1年生の時の友達なんですよ」

丸山先生:「・・・・」

反応なし。

まず、両手を広げて(案山子のように)、丸山先生が上から私の腕を押す。

私の腕は力なくストンと落ちてしまう。



丸山先生がバイトスティックを使って、私に顎を動かすよう指示する。

丸山先生:「はい、そこで止めて」


ん?

んんん?

何か違う。
先日、くまごろう先生が決めたやり方とは違った。
バイトスティックの噛む位置が違う。

くまごろう先生:「ここですかー?」

丸山先生:「ここでしょう」

丸山先生の言い方は、ここの他にあるわけがないと言うように聞こえた。

何が違うんだろう?
くまごろう先生への説明を私も聞いていようと思った。

そしてまた両手を広げる。

丸山先生が上から私の腕を押す。

おおぉぉぉ w(*・o・*)w 今度は下がらない。

そしてあろう事か、丸山先生は私の腕に体重をかけて、ジャンプした。


な、なにをするんじゃい?!


自分は倒れると思った。

が、私の身体はびくりとも動かなかった。

何?いったい何が起こったの?

私の顔はまさに、鳩が豆鉄砲くらったような顔だったと思う。

丸山先生:「顔に赤みが差してきたよ。これで良くなるからね」

そして次の患者の元に行ってしまった。

あれー?説明はないの~?
患者にはなくても、くまごろう先生にもないの~?
これで終わりなの~?

私:「何か違ったよね?」

くまごろう先生:「うん、良かったね~(^^)」

くまごろう先生はなんてプラス思考なんでしょう。

私:「もう終わり?」

くまごろう先生:「うん、あっと言う間でしょう」

時間にして5分くらいだったろうか。
3週間後に、MFA装置が出来てくるという。

もう、長く咬合治療を受けているが、丸山先生に診て頂いたのは、この日が最初で最後である。


さて、こうして文書にしても、正しい顎の位置を決めるやり方というのは、患者さんには分かりにくいと思う。
いろいろ探していると、なんと動画があるではないか。


こちらは丸山先生のHP
日本咬合臨床研究所

http://www.jio-maruyama.info/data-room.html

やる事はこれで良くお分かりいただけると思う。
動画を見ても、金額には触れていないのね。
しかもマウスピースするのは6か月ぐらいと言ってるし・・・

あー、ちなみに私はもうすぐ3年です。
金額も銀座の一等地ではかなり違うみたいです。
治療を始める前には、よくよく調べましょう。

丸山先生の診断を受ける その1

11/10
やっとブログのタイトルらしいところまで来ました。
2007年12月21日(金)のお話です。
治療の参考になれば幸いです。
ここから第3章とすることにします。

丸山先生が来られる地方センターになっている歯科医院には、予約の時間より随分早く着いてしまった。
受付を済ませ、誰もいない待合室の椅子に座る。

暫くすると、写真で見た丸山先生がいらっしゃった。
丸山先生はすぐに診察室へ入って行った。

続々と他の歯科医院の先生やら患者が到着する。
くまごろう先生も到着した。

くまごろう先生:「ごめんね~、迷わなかった?今、米2升といできたの~(^^)」

何故に米2升?

くまごろう先生:「餅つき大会があって(^^)」

すごい・・・私はやっとの思いでここまで来たのに、くまごろう先生は一仕事済ませてから来たのだ。
私にはくまごろう先生がスーパーマンに見える。

やがて待合室にはローカル放送で、丸山先生が出演された番組のビデオが流れ、それを見ていた。
こんな放送があったのは知らなかった。

12時になると、診察室へ入るよう言われた。
私の前には、女性の患者がいた。
私は2番目に診てもらうようだ。

私の前の患者さんの様子は、私が待っている位置からも良く見えた。
患者さんが笑っている。

いよいよ、次は私が診断を受ける。
くまごろう先生もスタンバイする。
丸山先生が私の資料を見ている。
そして、私を遠くからめちゃ見ている。

くまごろう先生:「くうにゃんは○○さんの娘さんなんでよ」

丸山先生:「ほー」

半年前に母も丸山先生の診断を受けている。
母は難病のサルコイドーシスがあって、特に難しい患者なので、丸山先生もよく覚えていたのだろうと思う。

丸山先生が近づいて来る。
この時、丸山先生は白衣も着ていなくて、普通にズボンとYシャツ姿だったがオーラがある。

丸山先生:「あなた、さっきから見ているけど、顔色悪いね!!」

確かに化粧をしていない、私の顔色は真っ青だ。
今まで色々な病院にすっぴんで行ったが、顔色を指摘されたことはない。
顔色を診るのは医学の基本ではないか?
その辺りから丸山先生は今まで出会った医師とは違うと感じた。
今日はお化粧してこなくて、正解だったかもしれない。

DS装置を綺麗にする方法

11/08
私の顎位矯正装置は、1つ目と2つ目はMFA装置、3つ目と4つ目はDS装置と言う。
DS装置で治療されている歯科医、患者共に装置が黒くなるのは悩みの種だろう。

中性の漂白剤に浸けても、全然綺麗にならない。
塩素系の漂白剤に浸けたらどうだろうということで、やってみることにした。
今回挑戦したのは、3つ目の装置であるDS装置。
水に液体のハイターを入れ、DS装置を浸けること3日。

おおぉぉぉ w(*・o・*)w 新品のように綺麗になったではないか~!!

しかし装置に影響があるかないか、それを口に入れるのに問題がないかは、まったく別の問題である。
研究熱心な先生達の情報を待ちたい。
現在、3つ目の装置は真水に浸っている。

診断の朝

11/03
丸山先生の診断を受ける日の朝、私はまだ病院のベッドの上にいた。

い、いたたた、お腹痛い~!!

前日の内視鏡による大腸ポリープ摘出術で、出血はないものの、お腹はかなり痛い。
昨日は絶食だったので、腸の中には何も入っていない。
朝食は普通に出たと思う。

おにぎり先生の回診が始まる。
おにぎり先生の後に、カルガモ先生達が続く。

おにぎり先生:「お腹の痛みはどうですか?」

私:「痛いです」

おにぎり先生:「じゃあ、もう一泊していくかい?」

私:「いいえ、もう退院します。鎮痛剤下さい」

ドタキャンすれば、くまごろう先生にも迷惑がかかってしまう。
急いで家に帰って、丸山先生が来られる地方センターになっている歯科医院に行かなければならない。
幸い、貰った鎮痛剤が効いた。

地方センター方面に行くバスが1時間に1本しか走っていない。
しまった、お化粧をする時間がない。
遅刻は厳禁だ。
くまごろう先生から貰った地図を持って、すっぴんのままバスに乗った。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。