Archive | 2011年01月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11日目の出来事

01/24
2008年1月26日のお話

MFA装置をしてから11日目、朝顔を洗って鏡を見る。


(゚∇゚ ;)エッ!?



!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?




両目が開いてるぅぅぅ!!



そうだよ、これが私の目だよ。
クルクル丸い私の目だ。
昔はアイドルみたいだったんだよ~。←自分でアイドルって言うなよ。

歯列矯正のブラケットを外したから、具合が悪くなり、やがて私の目は半開きになってしまった。
目にも力が入らなかった。
もう歳だから、こんな目になってしまったのかと思っていた。

母の潰れた目が3日目で開いたように、私の半開きの目は治療から11日目でぱっちり開いた。

おかえりなさい、私の目。
スポンサーサイト

7日目の出来事

01/21
2008年1月22日のお話

MFA装置を装着してから6日目は体に劇的な衝撃があった。
7日目も変化があった。

7日目は朝から、右側後頭部がドン、ドンと響くような偏頭痛がした。
これがかなり強烈な痛みで、これがまだまだ続くのならどうしようかと思ったが、痛みは午前中の内に治まった。

そして、やっぱり午後から眠い。
右上の奥歯辺りが痛い。
首の右側が痛い。
痛み止めの薬を飲む。

ここ数日、足がむくんでいる。
肩が後ろへ引っ張られるような感じがする。

ねずみの入れ物

01/18
本日、くまごろう先生より頂いた「小さなねずみ」
大きさを比べるために、のど飴といっしょに撮影した。


ねずみ2


歯科医ならばご存知なのかも知れないが、このブログを読んで頂いている大人の患者にはわからないと思う。

これは抜歯したときに、歯を入れて患者に渡す入れ物なのだ。
乳歯を抜歯したときに渡すことが多いという。

何故、私が歯を抜歯したときの入れ物を、くまごろう先生から頂いたかというと、本日



抜歯してきました~!!


あごずれ治療している患者には、えらいこっちゃの話だか、抜歯したのは右上8番の小さな本当におまけの様にまっすぐ生えている親知らずである。
虫歯になってしまい、くまごろう先生も随分悩んでいたようたが、結局抜歯することになった。

ねずみの入れ物は、このようにパカッと開く様に出来ている。


ねずみ3



うーん、まだ血が付いていて、なまなましいねー。

さて、この右上8番を抜いて、吉と出るか凶と出るかはわからない。
以前、右下の8番抜歯で、死にそうになったことがある私は、もう2度と歯は抜きたくないと思っていた。
今回は別に抜歯しなくても、それほど酷い虫歯ではなかったので、他の先生にだったら、「残して下さい」と言ったと思う。

くまごろう先生もこれを抜いて、体調が悪くなることをしきりに心配していた。

なのに、何故抜歯したかというと、院長(お父様)が抜歯した方が良いというご意見なのと、私はもしこれで具合が悪くなっても、くまごろう先生は患者を見捨てるようなことはしない。必ず、何かしてくれるはず。

くまごろう先生は、これで具合が悪くなっても、途中で治療を諦めるような患者ではない。

お互いが、そんな風に思えるようになったと感じたからなんだよね。
ここまで3年掛かっている。
3年の歳月は無駄に過ぎたわけではない。

くまごろう歯科は外科的な処置は院長がすることが多い。
抜歯することに決まっても、実際処置をするのは院長だと思っていた。
まさか、くまごろう先生が抜歯するとは思わなかった。

3年間くまごろう先生に診て頂いているのに、このような処置はされたことがなかったのだ。
麻酔が効いて、歯は5分たらずで抜けた。
何も痛くないし、辛くもない。

普段の装置の調整とは違う、沢山の口腔外科の器具を見て思った。

りっぱな歯科医になったもんだ~!!

抜歯は歯科医にとっては、あごずれ治療よりずっと簡単なんでしょうけどね。(^^)

6日目の出来事

01/17
2008年1月21日のお話

MFA装置をするようになってから6日目の午後、身体に衝撃を感じた。
人に説明する時は、体にドーンと雷が落ちたような衝撃と説明しているが、あまり伝わっていないようだ。

午後からとにかく眠い。
しかし、体が痺れたような衝撃がドーンと来た。
今まで体験したことがないような感覚だ。

一番驚いたのは、私の麻痺した右下の唇がビリビリ痺れている。
この麻痺は、まだ歯列矯正をする前、右下8番の抜けない親知らずを無理やり引っ張ったために残ってしまった。
その麻痺した部分がビリビリ痺れている。

そして体のあちこちが痛い。
でも、いやな痛さではないのだ。
例えて言うなら、「筋肉痛」なのである。

明らかにMFA装置の好転反応だと感じた。

夕方には唇の痺れは治まった。
それにしても、何年も麻痺していた部分が痺れるなんて、ありえない!!
MFA装置は顔面麻痺した人にも有効では?と患者ながらに思った。

首のこりは随分楽になったが、腰が痛い。


2011年現在も唇の麻痺はわずかに残っていますが、まったく気にならない程度です。
以前は唇にご飯粒が付いていても、感じませんでした。
2008年のこの時に、かなり回復したと思います。

2011年1月16日の私

01/16
くまごろう先生の元で咬合治療を始めてから、なんと3年の月日が経った。
ブログは1つ目のマウスピースが出来てきた頃の話を書いているので、私はちょうど3年前の事を日々思い出しながら書いている。

治療を始める前は、1年は頑張ってみよう、2年はかかるかもなどと考えていたが、現実の治療は3年の月日が流れ、4年目に入るわけだ。

3年の間に、マウスピースは4つ作ってもらった。
現在はこんな感じ。


2011.1.16


左から1つ目、2つ目、3つ目、4つ目。

1つ目と2つ目がMFA装置、3つ目と4つ目がDS装置となる。
1年前の画像と比べると、明らかにマウスピースが綺麗になっている。

3つ目が一番黒くなっていたので、塩素系の漂白剤を水で薄めて浸けたところ、あまりにも綺麗になったので、その後他のマウスピースも浸けた。
なので、4つのマウスピースは1年前の写真とは大きく変わって、どれも新品の様である。

しかし、MFA装置やDS装置はどこにも塩素系の漂白剤を使って良いとは書かれていないので、実際治療中の方は担当医とよく相談してやってほしい。
先生によっては、何かあっても保障できないので、NOと言うかもしれない。

半年前のブログを読むと、2つ目が合うと書いている。
そう、この半年間はまた激変した月日だった。

あまりにも体調がコロコロ変わり、その度にマウスピースもコロコロ変わった。
そんな事を繰り返していく間に、具合の悪くなるパターンも分かってきた。
くまごろう先生でも、「こんなことありえるの~?」というような発見がいろいろあった。


さて、今日現在はどのマウスピースが合うかというと、4つとも合わない。
何もしないのが一番良い。

本来なら4つ目をするところだが、私が見ただけでも分かるくらい奥歯の部分が削れてしまっている。
しかも両側。
こうなってしまったら、くまごろう先生に調整してもらうしかない。
幸い明後日に予約している。

以前はマウスピースがずれると、私の体調はどこまでも落ちていった。
その度にくまごろう歯科に駆け込んだ。
現在は何もしなくても、何とかなる!!というところまで来た。

指先に力が入る

01/10
MFA装置をすると、姿勢が良くなったような感じがする。
気のせい?と思った治療開始1日目だったが、2日目はそれを確信した。

私の姿勢は明らかに良い。
脚にも力が入るし、指先にも力が入る。

私の仕事は1か月、1年間の流れはほぼ同じである。
なので、仕事は前月や前年度の書類を見て作ることが多い。
近年ではパソコンの普及で手書きすることは少なくなったが、手書きでの仕事もある。

昨年度の手書きの書類を見て驚いた。

私の文字とは思えない。
まるで、ミミズが這った様な文字が書いてあった。
でも、私が書いたものだ。

あー、こんな文字書いていたんだ・・・(涙)

私の文字は、枠からはみ出す勢いの大きな力強い文字に戻った。

私は右利きだが、左の指先にも力が入っているのが分かった。
クラシックギターを弾くと、いつもと全然違う。
左指がすらすら動く。

ギターはマンドリンアンサンブルで弾いているが、年々ヘタになって行く様な気がしていた。
具合が悪いと練習も出来ない。
練習していないんだから、上手くなるわけないとは思っていたが、ヘタにならなくても・・・

退会は何度も考えたし、練習に行くのも辛かった。
実際、具合が悪くて、練習に行けない日もあった。
長時間練習すると、必ず頭痛がした。

しかし、MFA装置をすると頭痛もしないし、疲れもあまり感じない。
指先までしっかり力が入っている。

劇的な一夜

01/06
2008年1月16日のお話

今夜からMFA装置をして寝る。
昼間も食べる時以外は、なるべく装着するよう言われた。

私は何年も自力で上向きで眠ったことがない。
必ず睡眠薬を飲んで、右を向いて寝ていた。
そうしないと、眠れないのだ。
眠っている間も、私は寝返りをうっているか?と思うぐらい、いつも右を向いている。

夜が明けて、1月17日の朝5時頃、目が覚める。
睡眠薬がまだ効いていて、寝ぼけている状態である。
MFA装置が口の中にあることを確認するが、うまく噛めていなかった。
下顎が下がってしまって、装置と噛み合っていない。
装置を噛んでまた眠った。

それから暫くして、また目が覚める。
まだ寝ぼけている。
同じくMFA装置が口の中にあることを確認するが、また同じように噛めていなかった。
装置を噛んでまた眠った。

朝6時30分、目覚まし時計の音で目が覚める。
今度はしっかり装置を噛んでいた。

目が覚めた時に、まず驚いたのは、私は左を向いていた。

それに体がポカポカ暖かい。

さらに驚いたのは、首に汗をかいている。

首に汗?!


今日は暖かいのだろうか?

いや、暖かいと言ったって、1月なんだから、どう考えても首に汗をかくなんてありえない。
外に出ると、冷たい風が体に刺さった。

こうして、顎位矯正は劇的な一夜で、幕を開けた。

謹賀新年2011年

01/04
あけましておめでとうございます。

このブログを読み直してみました。

母のことはリアルタイムで書いています。

私のことは、くまごろう先生と知り合った小学校1年生の頃からの記憶を思い出しながら書いています。
頑張れ、私の側頭葉!!

自分で書いた文書なんですけど、


あー、暴言がいっぱいだ・・・
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。