Archive | 2011年03月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかりつけ医

03/30
ここ数日、母の具合が悪い。
原因は難病のサルコイドーシスが一挙に悪化したからである。
耳の下あたりに、ピンポン球がいくつも入っているかように、顔がこれでもかというくらい腫れている。
母はサルコイドーシスになってから、初めて「痛い」と言った。

そんな時、寄りにもよって、母の補綴している右上1番と2番の歯が取れてしまった。

歯が取れると、あごもずれるのね。

そりゃあ、ますます具合悪いわ。
すぐ、くまごろう歯科に予約しなきゃ。


とっさに、そう思えることが幸せだと思う。
母のあごずれ治療はもう終了しているが、母はその後も3か月に1回は、きっちり定期健診を受けている。
くまごろう先生の元で、定期健診を受けることが、歯と体の寿命を延ばすことだと母は分かっている。

幸い、母は翌日のお昼には、くまごろう先生に診て頂いた。
信頼できるかかりつけ医がいるって大事だね。
医科でも歯科でも。
スポンサーサイト

力こぶ

03/25
2008年2月25日のお話

力こぶとは
力をこめて腕を曲げるとき、二の腕の内側にできる筋肉の隆起。

MFA装置をするようになってから、身体のあちこちが痛かった。
特に腰が痛かったが、暫くすると痛みは治まり、お尻には筋肉がつき、結果ヒップアップした。
外股歩きもも治った。
フラフラ歩いていた時のことを思うと、信じられないくらい下半身に変化があった。

上半身はどうだろう?

首や肩の凝りは楽になったが、上半身の変化はわかりにくい。

この日の夜、何気に自分の腕を触った。


硬い!!

腕を曲げると、なんとそこには力こぶが出来るではないか!
他人から見ると、そんな大げさなものではない、見た目にもわからないような筋肉ではあるが、確かに腕に硬い筋肉がついている。
MFA装置をする前は、力こぶなんて無縁のものだった。

上半身にも筋肉はついていた。
いやー、すごいね。
何がすごいたって、運動していないのに全身に筋肉がついているこの現実。

私はマウスピースで顎の位置を変えただけ。
顎の位置を変えたら、全身に筋肉がついた。

シャリシャリ音

03/21
シャリ、シャリ、シャリ・・・

シャリ、シャリ、シャリ・・・


私が外科矯正を始めるきっかけとなったのは、そもそも顎関節症なのだが、手術を受ける前の顎の音は「ガクガク」だった。
その音と違和感は手術後、まったくなくなったので、私はこれまで顎変形症の手術をしたことにより、顎関節症も完治したと思っていたし、人にもそのように説明していた。

しかし、それは完治したのではなく、症状が治まっていただけかもしれないと思うようなった。

MFA装置をしてから間もなく、顎がシャリ、シャリと鳴る。
顎に痛みはない。

あまりにシャリ、シャリ音がするので気にはなったが、ガクガクするよりは、はるかにマシであった。
身体のあちこちが変化していくので、きっと顎関節も変化しているのだろう。

このシャリ、シャリ音は、4、5日で治まった。

まっすぐ歩く

03/20
2008年2月22日のお話

朝の通勤電車で私は座っている。
私の前には4、5人女子高生が立っている。
高校生でも今時は、バッチリメイクしている。

その中の一人がすごいガニ股であることに気がついた。
いやー、いくらメイクしていても、ガニ股はいただけない。
今は制服のスカートが短いのが流行りだから、歩き方が悪いのが目立つ。

そんな私も他人の事は言えない。

私は歩き方ブスだ。

幼い頃より猫背だし、中学生になって制服のスカートを着るようになってから、自分が外股歩きなのに気がついた。
外股歩きは、何度も治そうといろいろやってみたが、結局治らなかった。
よっぽど意識して歩かなければ、美しく歩くことなんて出来ない。

そんなことを考えながら、電車を降りて自分の歩き方を見た。


えっ?!


まっすぐ歩いてるぅぅぅぅぅ!!


足が外股になってない。
美しくまっすぐ前に出ている。
しかもMFA装置をすると、背中がぐいぐい引っ張られるので、猫背でもない。

なんと、歩き方ブスから歩き方美人になっているではないか。

MFA装置をしてから、体のあちこちが痛かったが、こんなところまで変わるのか。

この後、体調が悪くなり猫背になることはあっても、外股に戻るということはない。
あごずれは全身の治療なんだと実感した。

内股、外股、ガニ股、O脚はもしかしたら、あごずれが原因かもしれないね。

地震

03/16
東日本大震災 
私の住んでいるところでも、強い揺れは感じましたが、今は普段とまったく変わりなく生活出来ています。

津波の映像を見ると、映画のCGのようですね。
同じ日本に住んでいて、現実のものだと思えません。

いろんな想いがありますが、ブログは続けていこうと思っています。

何故いつも同じ場所がずれるのか?

03/10
くまごろう先生の元で治療を開始して、わずかの間に3回も調整して頂いた。
私の場合はいつも同じ右2番がずれる。

何故、いつも同じ場所がずれるのだろうか?
しかも、昼も夜も。

この答えは自分で見つけた。

まず、夜寝ている間にずれてしまう原因。

これはすでにこのブログに書いているが、テレビを見て気がついた。
http://evea60.blog36.fc2.com/blog-date-20090321.html

枕が低いため、枕と顎の間に手を当てていた。
私は右を向いてしか寝られない。
だから手を当てるのも右側ばかりなのだ。

そして、昼間もずれてしまう原因。

職場のパソコンの前で、自分の姿にハッとした。

私はパソコンの前で考えている。
モニタを見ながら考えている。
頬杖をつきながら考えている。

MFA装置しているのに、頬杖ついちゃダメじゃん!!


ぬぉー、ネットで頬杖はいけないと散々読んでいたのに、自分にはそんなクセはないと思っていた。
他人ごとではなかったよ。

それでも原因が分かれば、気をつけることが出来る。

「もう頬づえはつかない」
 by桃井かおり


あっ、これは映画のタイトルです。
古すぎてわかんないか~(^^;

調整3回目

03/05
2008年2月15日のお話

歯科の就業前の時間に、くまごろう先生に診て頂くことになった。
前夜、くまごろう先生に「右2番にゴミ袋を噛んで」と言われ、その通り実践してみると、肩こりが全然しない。

前回も肩こりが酷くなったときは、見よう見まねで右2番にプラスチックの袋を小さく切って噛んで、体調がとても良くなった。
今回は先生にはっきり右2番と言われ、まったく同じような状態になった。

くまごろう歯科に着いたのは、8時45分頃。
くまごろう先生はすでに着替え、手には雑巾を持って、受付を掃除していた。

私とくまごろう先生は、準備の邪魔にならないように、待合室にて調整。

私:「朝早くからごめんね。昨日、言われたとおりプラスチックの袋1枚噛んだら、全然肩こりしないんだよね」

くまごろう先生:「あははっ(^^)」

くまごろう先生は装置を見ると、「あぁ、ここね」と言って、ピロピロっと装置を調整した。

また、私の身体に力が入る。


そこへ、くまごろう先生のお母様到着。

くまごろう母:「こんなところで何している?」

くまごろう先生:「何って、調整してるの」

くまごろう母:「まあ!」


くまごろう先生のお母様は少し驚いていたが、黙認。
くまごろう先生がいくらやる気のある歯科医でも、院長とお母様の協力なしでは成り立たないことが沢山ある。
院長とお母様には、いつも感謝、感謝。


私:「ありがとう、これで袋噛まなくてもいいわ」

くまごろう先生がにっこり笑って診察室へ入っていく。

後ろ向きに手を振った姿が、なんとも男前だった。

本心

03/01
くまごろう先生に電話して、「ゴミ袋を噛んで」と言われたこの日、こんな会話をした。

私:「何だかこの治療(丸山咬合療法)している時って、楽しそうだよね」

くまごろう先生:「うん、この治療してからすごく楽しくてねー。本当はお金貰わなくてもいいくらいなんだけど。うちも生活があるからお金貰ってるけどね」


くまごろう先生のこの言葉を聞いてとても驚いた。
何故なら私が見たインターネットの患者の書き込みは、自費の咬合治療をしている歯科医なんて、「金儲けのためだろー」というものが多かった。
患者だけではなく、歯科医でもそういう意見の人がいる。
保険が効かないというだけで、悪意に満ちていると思い込んでいる。
まあ、実際トラブルが沢山あるからなんだろうけどね。

くまごろう先生が、友達の私に「お金貰わなくてもいいくらい」と言ったは、本心からなんだろう。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。