Archive | 2011年10月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2個目を作るべきか?

10/25
13回目の装置の調整の時、歯のリシェイピングをした。
歯はよりいっそう噛めるようになった気がする。
素晴らしい技術だと思う。

しかし、その時は確かに体が楽になるのだが、やはり一晩もたない。
この頃は仕事も忙しくて、体は疲れているのに、夜はますます眠れなくなった。

いつもは6時半に起きるが、この日は具合が悪くて寝ていられない。
朝5時に起きてMFA装置をしてみた。
左右7番にビニールを噛む。
さらにビニールを重ねると、少し体が楽になる。

やはりこの具合の悪さは咬合が原因なのはわかる。
2個目を作るべきだろうか?
悩む、悩む・・・

だいだい2個目の装置料っていくらなんだ?
患者さんのHPに20万円って書かれていたのを見つけた。
20万円はいくらなんでも高すぎないか?
じゃあ、やめるのか?
やめてどうするんだ?
他に何があるっていうんだ?

私が2個目を作ろうかと悩んでいたこの頃、我が家の廃人度ランキングが入れ替わった。
苦節10か月、母の装置がずれなくなった。
母は元気になり、重い荷物を持ってスタスタと歩いている。
ここまで来るのに、母も何度も寝込んだ。
また、治療を始めたばかりの妹の顔もまっすぐになってきた。

私はやめられない。
前には母が、後には妹がいる。
私がもう治療はやめたいと言えば、くまごろう先生もガッカリするだろう。

今やめたら、最初だけ良かったという症例になってしまう。
もう一個装置を作ってみよう。
私はやめられない。

2008年5月23日
昼間、気を失うような眠気がして、予約の日まで待てずくまごろう歯科に電話をした。
スポンサーサイト

調整13回目

10/20
2008年5月16日のお話

この日から移転した新しい歯科医院で診ていただく。
ドアを開けると、受付には沢山のお花が飾られていた。
しかも高価なお花ばかりで、りっぱな胡蝶蘭が目を引く。
新しい歯科医院には夢がいっぱい詰まっていた。

引っ越しの時、受付に置いてあった黒電話はなくなっていた。
変わって新しいFAX付の電話が使われていた。

すごい!
子機もあるし、保留ボタンもある。\(^o^)/

この日、装置の調整以外に初めて違うことをした。

くまごろう先生:「咬合調整していい?」

私:「うん」

診察台を倒すと、赤い咬合紙をカチカチ噛み、それを診てくまごろう先生が歯を削りだした。
あっ、咬合調整って歯を削ることだったんだ・・・と初めて気付く私。

削る、削る。
あっちもこっちも削る。
だ、大丈夫か?

くまごろう先生:「はい、立って」

いつものように、私が腕を横に広げ、くまごろう先生が上から押す。

くまごろう先生「はい、座って」

咬合紙をカチカチ、削る、削る。

くまごろう先生:「はい、立って」

立ったり、座ったり忙しい。
こんな事、何年も大学病院の歯科に通っていたのにやったことがない。
この行為を何度も繰り返しているうちに、なんと私の腕は装置なしでも下がらなくなった。
すごい、装置なしでも体に力が入る。

あっもこっちも削ったが、特に削られたという感じはまったくしない。
歯を削ると聞いただけで、拒絶する患者は沢山いるが、くまごろう先生の歯を削るは今までとまるでイメージが違った。
とにかくレベル違いだ。
専門用語で言うと、リシェイピング(形態修正)だね。

丸山先生の本にも、この方法は非常に難しいって書かれています。

くまごろう先生:「これでダメならもう一個作るわー」

何とかこれで良くなってほしい。
2週間後、予約を入れた。

小さな希望

10/16
2008年の5月3日に歯科医院の引っ越しで、とても忙しいくまごろう先生に12回目の調整をしていただいた。
じゃあ、それから体調が良くなったかと言うと、次の日は夕方まで起きられなかった。
本当は私は4日もくまごろう歯科に行って、前日準備した移転のお知らせのハガキの印刷のお手伝いをするつもりだった。
しかし具合が悪くて、起き上がれない。
結局、くまごろう歯科には行けなかった。
夕方、首に熱いシャワーを当てると、何とか動けるようになった。
MFA装置の右7番にはビニールを噛んでいた。
このビニールがないと、まったく動けない。
5、6日もお休みだったので、ほとんど家で寝ていた。

それでも7日は仕事に行かなければならない。
もう気力だけで生きている感じだ。
仕事から帰ってくると、私は居間のソファーに速攻横になった。

先生は熱心に治療してくれたし、私も先生の仰る通りやってきた。
それでも良くならない。
いや、良くならないのではなくて、持続しないのだ。
先生に診ていただいたときは、確かに体に力が入るし、首や肩のコリもなくなる。
それが一晩持たない。
どうしたものか・・・・

この頃は、私と母の他に妹もくまごろう先生の治療を受けていた。
3人で交互に、それも頻繁に通っていたので、私が具合が悪い様子は、家族からくまごろう先生の耳に入っていた。

ある日、歯科から帰ってきた妹がこう言った。
くまごろう先生に「お姉さんの具合はどうですか?」って聞かれたから、「死人と同じです」っ答えたら、先生が「もう一個作ろうかなー」って言ってたわ。

もう一個作る?

MFA装置をもう一個作ると最初に聞いたのは、妹からだった。
私に小さな希望が見えた。

検査にも色々ありますが

10/12
とある歯医者さんのHPにこんな事が書かれていた。


O-ringTESTでの精密検査



オーリングって精密検査だったんだー。(@_@;)


私は居酒屋で遊ぶものかと・・・・

女優さんの歯

10/10
この女優さんの歯はいつか変わるんだろうと思っていました。



457_75948d348c.jpg



女優の小雪さんです。
お綺麗ですね。
夕焼け院長がファンらしいです。(^^)

↑の写真は2003年の映画ラストサムライの頃のものです。
私もラストサムライは見ましたが、どうもこの役の小雪さんには違和感がありました。
だって明治初期の日本人女性が、異人さんよりもでかいんですよー。

19B1C7B2E8A1D8A5E9A5B9A5C8A5B5A5E0A5E9A5A4A1D9A4E8A4EA.jpg

映画ではアングルをうまく変えて映していますが、↑の写真もトム様の膝が切れていて、合成でしょうか?


集合写真だと、こういう事になってしまいます。

201104020_matsuyamakennichi_koyuki_08.jpg

微妙な立ち位置ですが・・・
明らかに小雪さんの方が高いです。

そしてこの歯なんですが、日本人としては十分綺麗ですが、国際女優としてはどうなんだろうと思っていました。
アメリカは特に歯並びに厳しいですからね。


最近見かけるこの映画のポスター。

映画ポスター

むむっ、小雪さんの歯が変わってる。
変わってませんか?

N0034859_l.jpg

変わってますよね。
小雪さんが通院しているという歯医者さんのブログを見ると、沢山のタレントさんやミスユニバース日本代表も来ているそうです。


ちなみに子供の時の歯はこんな感じです。

453_78b64431a4.jpg


どんな美人も努力しているんですね。
ただし、ご本人かどうかはさだかではありません。


さらに↓の写真は2011年の最近のものですが・・・

隣の大泉さんの歯も変わりましたねー。


TKY201109100282.jpg



だってこれですよ。



s100731.jpg

顎位と生理の関係

10/06
私が丸山咬合療法を受けて、良かったと思えることの一つに生理痛が軽くなったという事がある。
私の場合は、周期も安定していないし、量がとにかく少ない。
冷え性だし、腰から下をもいでしまいたいと思う事さえあった。
それでも本当にもいでしまうことは出来ないし、鎮痛剤を飲んで何食わぬ顔をして生活するしかない。
女性は初潮があったときから、そのように訓練されている。
この生理痛のせいで、私が出来る仕事はかなり限られてしまった。
高校生のころから、立ち仕事は出来ないと悟った。

その生理痛がMFA装置をした月から、明らかに軽いと感じた。
周期も安定し、量も増えた。
この程度なら立っていられる。
鎮痛剤の量も極端に減った。

この程度ことは男性の先生でも理解してくれると思う。
患者さんからも、「生理痛が軽くなりました」と報告されることもあるだろう。

しかし、これから私が書くことは男性の歯科医には報告しにくいかもしれない。
それは丸山咬合療法を始めて、4か月目の生理だと記憶している。

生理の臭いがきつい。

これが自分の体から発せられている臭い?
臭い!!とにかく臭い。
色も茶色っぽく、いつもとは全然違う。
日本の生理用品は品質が良いので、マメに交換すれば他人に迷惑をかけることはないと思うが、この臭いがこれから毎月続くようであれば、どうしようかと思った。

翌月の生理からは、また普通に戻った。
あの色と臭いはいったい何だったんだろうか?
この事はくまごろう先生にも報告した。

私:「もう異常な臭いでさぁ」

くまごろう先生:「それ、毒が出たんじゃない?」

私:「私もそう思う。まさに毒って感じの臭いだった」

くまごろう先生のお話では、女性は出産のときに色んな悪いものも出る。
出産は究極のデトックスらしい。
出産してから体調が良いという人は確かにいる。
もちろん、出産で体調を崩す人もいるので、産めばよいというものではないが、確かに女性の体は本来出産するように出来ている。
私は出産経験がないので、本来出産でデトックスされるものが体に溜まっていたのかもしれない。

ネットでお血について検索したら、お血度チェックなるものを発見した。
その一つに、月経の色が赤黒く、レバーのような塊りが混じることがある。

(゚ー゚)(。_。)ウンウン まさに お血=毒

とりあえず、生理は順調。
顎位と生理の関係、不思議だねー。

入れ歯と首のコリ

10/01
入れ歯って難しいよね。
母を見ていると本当にそう思う。
くまごろう先生には、まめに調整していただいているが、母のような年齢だとどんなに歯磨きしていても歯は崩壊してくるし、歯茎は痩せてきてしまうし、薬もいっぱい飲んでいるし、先生も悩みどころだと思う。

入れ歯をしないと合わなくなってきてしまう。
入れ歯が合わなくなれば、装置もあわなくなってしまうので、母には何とか入れ歯をしてもらわなければならない。
かといって、合わない入れ歯や装置をしていると余計具合が悪くなっってしまうわけだ。

昨日、母が少し頭痛がすると言うので、入れ歯を入れ、装置をしてみた。
腕を横に上げるとすでに上がっていないし、首も回っていない。
そこでビニール職人の私がまたごみ袋を細長く切って、母に噛んでもらう。
右の4、5番のところで腕に力が入った。

しかし頭痛は取れない。
そこで中国のグアシャ板で、頭と首をガシャガシャ擦ってみた。
首からお血が出て真っ赤になっている。

母:「あっ、視界が開けた」

そして先ほど同じように母が腕を横に上げると、角度がまったく違っていた。
私が腕を押すと、私の方が母の力で跳ね返される。
首もありえないくらいよく回っている。

すごい・・・

何だか行けそうなので、丸山先生がやるように母の腕に体重をかけてジャンプしてみた。

ポンッ!!

母の腕はビクリとも動かない。

きゃ~、これが30分前までのお婆さんの姿とは思えない。
母はムキムキマンになっていた。

全身のバランスが整えば、こんな魔法みたいな事が起こるのだ。
やっぱりキーワードは首だな。
今日の母は頭痛もなく、入れ歯もしている。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。