Archive | 2012年04月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はきけ

04/26
2008年7月15日のお話

叔母が亡くなった。
母は6人姉妹の五女で、亡くなったのは六女の叔母さんである。
つまり母や他の伯母からしてみれば、一番末の妹を亡くしたわけだ。

亡くなった叔母は、母とは双子のように仲が良く、昔から体の弱い母を気遣ってくれた。
私から見ても叔母さんは、母の次に母親のような存在であった。

昔から叔母は弾丸のように元気だった。
私にいつも「あんたのお母さんの面倒は私がみてやるから」と言っていた。

なのに、卵巣がんが見つかって、手術をして、抗がん剤治療をして、入院している間に肺炎であっという間に亡くなった。
何だか西洋医学に殺されたような気がする。

母の面倒をみるどころか、あごずれ治療をした母が元気になり、叔母の病院へ毎日通った。
この病院には、なんと四女の伯母さんも同じ卵巣がんで入院していた。

通夜の日、四女の伯母さんが病院で、夜中こっそり六女の叔母さんの個室に入り、手を握っていたという話を聞いた。
姉妹でも、四女の伯母さんも抗がん剤治療を受けているため、肺炎の菌がうつらない様、合わせてもらえないからだ。
そんな話を聞いて、親戚中号泣の通夜となった。

私はこの日、はきけがした。
あんまり泣いたからだろうか?
精神的にショックを受けたからだろうか?
はたまた霊的なものか?

いや、理由はそれだけではないようだ。

翌朝、7月16日

朝食を食べた後、葬儀場に備え付けてあった歯ブラシを使って歯磨きをした。
いつもとは違う大きな固い歯ブラシで、左奥の歯茎をガリッとひっかいてしまった。

これで止めを刺した。
MFA装置が合わない。
ますますはきけが酷くなった。
スポンサーサイト

スーパー衛生士

04/24
歯医者さんのHPを見ると、歯科衛生士募集とよく見かける。
歯科衛生士は売り手市場らしい。

先日、くまごろう歯科の衛生士さんが退職した。
遠くの町にお嫁に行かれるそうで、寿退社である。
この方はちょうど私があごすれ治療を始めた頃、入社した可愛らしい衛生士さんだ。

入った頃はくまごろう先生のお母様にガンガン気合をかけられていたが、やがて彼女は誰もが認めるスーパー衛生士になった。

スーパー衛生士の退職は歯科医院にとっても、患者にとっても痛手だ。
衛生士の腕が歯科医を助ける。


本当にありがとう。
貴方ならどこに行っても大丈夫だ。


さて、次に決まった方も果たしてスーパー衛生士になるのか?
この不思議な治療を理解するだけでも大変だと思う。
是非、頑張って頂きたい。

季節の果物

04/15
「果物は体を冷やす」とくまごろう先生が仰るので、寒い季節は南国系のフルーツは食べないようにしている。

しかし、冬でも林檎は食べていた。
季節の果物は体に良い気がする。

先日、くまごろう先生からおすそ分け頂いた。
お福分けの方が正しいかな。



果物



こんな高価なものは、我が家では買えないよー。

熊本のパワーを頂いた!!

顎関節症ブログ???

04/12
私のブログは、ブログランキングにも参加していないし、今のところ特に宣伝もしていない。
こんな只々具合の悪い日々を綴ったブログを誰が読んでくれているか不思議だったが、予想もつかないところで自分のブログを見つけた。

闘病体験を共有する TOBYO

自分で登録したわけではないので、勝手に検索エンジンに引っかかるんだね。


tobyo.jpg


これを見て何が驚いたかというと、私の病名が「顎関節症」になっている。

えっーーー!!
私は顎関節症じゃないよー。

正式には顎関節症から始まった話だけど、これじゃあ一家揃って顎関節症みたいじゃない?
顎関節症のブロググループに入れるのはやめてよー。

しかも、私の使っている装置はMPA装置じゃなくて、MFA装置だよ。
その後はDS装置なんだけど、中身まで読んでないよね。

私の口は大きく開くし、もう今は顎もガクガクしない。
顎関節症のⅠ~Ⅳ型には当てはまらない。

もう、勝手に病名付けられてびっくり~。
分類するのであれば、不定愁訴の方が合っている。

と思い、あらためて顎関節症で検索してみると、ウィキペディアに以下のように載っていた。



主病変が咀嚼筋障害による「筋性」と、顎関節(下顎窩、関節円板、下顎頭、関節包)障害による「関節性」の二つに大別される。

日本において顎関節症の多様な病態に対応するため、有限責任中間法人日本顎関節学会はI〜V型に分類を行い、広く臨床に使用されている。

I型:咀嚼筋障害を主徴候とし、その病理は筋緊張と筋スパズム、筋炎である。顎関節部の運動痛と運動障害を僅かに生じることがあり、筋痛を強く生ずる。

II型:関節包、関節靭帯、円板後部組織の慢性外傷性病変を主徴候とし、顎関節部の運動痛と圧痛を強く生じ、関節雑音を生ずる。筋痛は弱い。関節鏡下で病変を認める。

III型:関節円板の転位や変性、穿孔、線維化を主徴候とする。クリッキングと呼ばれる関節雑音が顕著である。筋痛はなく、顎関節部の疼痛は弱い。

III型a:復位性関節円板転位:関節円板の位置関係が復位する時に関節雑音(クリック音)が確認できる。

III型b:非復位性関節円板転位:関節円板の位置が復位しない。ひっかかりのための開口障害や顎関節の疼痛がおこる。

IV型:変形性関節症。関節軟骨の破壊、下顎窩や下顎頭の骨吸収や変性・添加、関節円板や滑膜の変形異常などの退行性病変を主徴候とし、クレピタス音と呼ばれる関節雑音が顕著である。X線所見上も大きな異常を認めるようになる。

V型:上記のI~IV型のいずれにも該当しないが、顎関節領域に異常症状を訴える、心身医学的な要素を含むもの。




あれ?私はⅠ~Ⅳ型までだと思っていたけど、Ⅴ型まであるではないか。
しかも、Ⅲ型はaとbがあるんだね。

これを読むと、私はⅤ型の顎関節症と言えるのかもしれない。

そうか、私のブログは顎関節症ブログでもあったんだぁ。
し、知らなかった・・・

よくネット上で患者同士が自分の方が重症だと書いているのを見かけるけど、顎関節症にこれだけ分類があると、分けて考えなければ、トンチンカンな答えになっちゃうよね。

口が開けられない人も顎に痛みがある人も全身に症状が及んだ人も「顎関節症」なんだから。
それぞれ重傷だよ。

ただ「顎関節症」から全身がおかしくなるって考えている歯医者さんはまだ少ないのかもしれない。

生まれ変わったら

04/09
今日のテーマは「ひとりごと」


生まれ変わったら歯科医になろう。
そうすれば、私が沢山の人を治してあげられる。

顎関節症の人や顎位の問題で具合の悪い人に、「気のせい」とか「病気とうまく付き合っていきましょう」とか「精神科に行ってください」なんて絶対言わない。


・・・・・


とは言うものの、たとえ生まれ変わっても、私の脳が理数系になるとは思えない。


・・・・・


歯科医にはなれない。


・・・・・


そうだ、歯科衛生士はどうだろう。
私が卒業した高校からでも、看護師になった人は沢山いるから、一生懸命勉強すれば衛生士になれるかもしれない。


生まれ変わったら、衛生士になろう。

そうしたら、くまごろう先生をもっと助けてあげられるから。

(来世で歯科医と衛生士でお会い出来るかは不明)

調整16回目

04/05
2008年7月8日のお話

2つ目のMFA装置が出来てから、初めての受診。
何度も具合が悪くて、くまごろう先生に装置を調整して頂いたが、この日の私は絶好調である。

くまごろう先生:「あっ、パーマかけたの?」

私:「うん、7年ぶり」

くまごろう先生:「7年?!体調どうですか?」

私:「私、生まれ変わったら歯科医になるわ」


くまごろう先生: ヾ(@°▽°@)ノあはは 


先生笑いすぎ・・・


私:「だから、生まれ変わったらだって」

くまごろう先生:「そんなに2つ目で違う?」

私:「全然違う。天と地ほど違う」

くまごろう先生に2つ目のMFA装置を使ってからの変化をお話した。

この頃は2つ目は食事の後30分くらい使い、普段は1つ目を使っていた。

調整は1つ目のMFA装置のみで、2つ目は見なかった。
それから歯を少し削った。

歯を削って、ますます絶好調な私。
私はこの状態がずっと続くのかと思っていた。

ホンマでっか!?TV 長寿のヒミツ

04/03
丸山先生が脳科学者の澤口先生といっしょに、ホンマでっか!?TV(2012年3月7日放送)に出演されたらしい。
先ほどNETで動画を見た。

丸山先生は72歳とのことだが、とてもお元気で若々しい。
芸能人のようなオーラがある。

長寿のヒミツということで、噛み合わせについてお話されていた。

モデルになったブラックマヨネーズの吉田さんが「こっちの方がずれてませんか?」と言っていたように、体に力が入るようなアゴの位置は必ずしも見た目がまっすぐな訳ではない。
私も体験済みなのでよくわかる。

それを見た目も美しく、機能的にも正しい位置に安定させるのは歯科医なら誰でも出来る技術ではないと思う。

ホンマでっか!?TVで、さんまさんが丸山先生と澤口先生のコンビで、「決して成功に繋がるとは思えない」と突っ込みを入れたのには笑えた。
さすがさんまさんである。

正直笑えたというよりは、苦笑いだね。
私は何度も途中で悪化したような状態になったから。

身体に不調があって、歯科で自費の治療を受けようと考えている人は、よく説明を受けて、納得してから始めた方が良い。
私も何度もくまごろう先生に話を聞いた。
決して安い金額ではないし、歯科医とは長いお付き合いになる。
信頼関係が一番大切だ。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。