Archive | 2012年08月

スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下痢の原因

08/26
くまごろう先生にMFA装置を調整していただくと一気に力が入る。
19回目の調整をして頂いた翌日は、休みの日でも早く起きることが出来たし、髪を切りに行き、ギターの弦を変えることが出来た。

しかし、それが2、3日しか持たない。
MFA装置をしない方が良いくらい、左の首が張ってくる。

特に1つ目のMFA装置をすると、酷い下痢になってしまった。

2008年の9月からは私は頻繁に下痢に悩まされた。

そもそも、子供の時から食も細いし、腸が弱い。

何故、こんなに弱いのだろうと思っていたが、ゲリの原因は菌以外、あごずれだ。
これは自分で長い間、治療を経験してわかったこと。

腸が弱いのは、生活習慣と食べ物と体の軸がずれているから。

って、患者の私が言ってもねー。

くまごろう先生が論文で発表してくれる日が来るんだろうか?
スポンサーサイト

乗り越えて

08/19
くまごろう先生に装置して頂くと、私の体に一気に力が入る。
私は元気になるが、19回目の調整の時には、先生がかなり疲れていた。

いつになく、弱音を吐いていた。
もちろん、それは私が友達だからであって、他の患者さんには、そういう事はない。

そんな先生の弱音を聞いた、調整後の元気になった私は、先生に思わず言ってしまった。

私:「先生がそんなことでどうするの!!」

言ってから、「しまった」と思った。
患者が歯科医にいう言葉ではない。

くまごろう先生:「でも、本当に酷いんだよ」

先生は私の言葉に怒ってはいなかった。

その会話を聞いていた、くまごろう先生のお母様が、くまごろう先生に言った。

くまごろう母:「ここを乗り越えなくてはダメよ」

私:「そうだよ、乗り越えなきゃ」


私はこの会話の後、パワーポイントを覚えることにした。

先生は治療ではなくて、資料作りに疲れていたのだ。

それにしても、この時くまごろう先生のお母様が仰った、「ここを乗り越えなくてはダメよ」 は、その後も私の治療や生活に大きく影響している。

調整19回目

08/13
2008年9月5日のお話

前回の調整からちょうど1か月。
この日のメモには、1か月間気絶しなかったと記載されている。

治療を始めてから7か月以上も経っているのに、まだそんなレベルである。
でも、気を失いそうになりながら、生きていたことを考えると随分進歩した。

この日は歯を少し削った。
歯を削ることは、すべてくまごろう先生にお任せしている。

ほんのミクロの世界で、歯を削る。
信じられないくらい私の体は、一気に体調が良くなる。

そうすると、実はくまごろう先生がかなり疲れているのがわかる。
先生も相当お忙しいのだろう。

この日は妹が2つ目のMFA装置を受け取った。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。