FC2ブログ
Archive | 2019年08月

整形外科で言われたこと

08/26
自転車同士で衝突して捻挫。もう1か月も経つのにいまだに脚は腫れているし、痛みがある。
最初は1週間くらいで治るだろうと軽く考えていて、病院にも行かずにいた。
しかしあまりにも腫れて、周りから病院へ行けと言われ、事故から1週間後に整形外科を受診した。
診断は捻挫で、シップと痛み止めのロキソニンをもらって終わり。
日本の外科の技術は素晴らしいと思うけど、骨が折れていなければこんなもん。

初診から3週間が経って、シップもなくなったので、本日は2回目の受診。

私:「くしゃみをすると、時間をおいて脚がズキーンと痛くなるんです」
時間は1秒くらい

整形院長:「そんな事ありえません。それは精神的なものです」

私:Σ(゚Д゚) 「でも、そういう風に痛くなるんですよ」

整形院長:「それは科学的に証明出来ません」

あぁ、そうですか、そうですか。
自分がわからないと精神的なものにするんですね。
そんな医者はいっぱいいますよ。
せめて、そんな痛み方があるんですかと、興味持てないんですかね。
さっさとシップもらって帰ろうーと。

整形院長:「リハビリしますか?」

けっ、誰がするかと思ったが、少しでも早く治りたいので、ここは気を取り直して、どんなものかとりあえず受けてみることにした。

リハビリ室はやたらと混んでいた。
私はまずお湯で脚を温める。
ジェットバスのお風呂に左脚だけ入れているようなもの。
早い話が足湯なので、出来れば両足入れたい。

次は脚の裏と甲を挟んで10分電気をかけた。
まあ、可もなく不可もなく・・・

しかしベットから起き上がると脚よりも、首が軽いことに気が付いた。
(ノ・ω・)ノオオオォォォ- これは思ってもみない価値があった。
リハビリ万歳!!

脚の不調から、首や全身に影響するってことだね。
まあ、ここの整形院長に「首が楽になりました」と言っても、どうせ「精神的なもの」って言われるだけだろうから、教えてやらない!!

しかしねー、人間の身体って、科学では説明しきれない神秘的なものだと思いませんか?
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター