スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顎関節症完治

06/15
私は元々顎関節症で、顎がガクガクしてどこで噛んで良いのか分からなくなったのがきっかけで、大学病院の口腔外科を受診して、外科矯正することになった。
実際、歯列矯正を始めるころは顎のガクガクはかなり治まっていたが、完全に音がしなくなったのは、2003年4月、下顎を5mm前に出す手術の後のことである。

顎関節症の患者さんで、よく手術について聞いている人がいるが、顎関節症と顎変形症の手術はまったくちがう手術だ。
そこを分かっていないから、話がますますややっこしくなる。

私の場合は顎変形症の手術をしたことによって、顎がガクガクしなくなったのだ。
私は以前は、この手術で顎関節症は完治したという様に説明していたが、丸山咬合療法を始めてから、実は完治ではなくて症状が治まっていただけなのではないかと思うようになった。
何故、そう思うかはこれからまた、ブログに書いていこうと思う。

術後は顎はガクガクしなくなったけど、2か月間くらいはよく顎が外れたわ。
あくびとかすると、そのままで口が閉じないのね。
手でガンと下顎を押し込むと治るんだけど、今考えるとそれも良くなかったかも?
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。