スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神科に行ってみる その3

09/25
2004年の夏、精神科を受診した。
ペン回しの達人ソーシャルワーカーと話していても、私は困っていた。
毎日、心身ともに辛いと感じているのに、どうして辛いのか理由が見つからない。

もちろん私にもストレスはある。
家庭や職場や人間関係・・・そして歯列矯正・・・
いや、この時は仕事はしていなかったから、職場の問題ではない。

歯列矯正もブラケットが外れたのだ。
矯正鬱があっても、矯正終了鬱はないだろう。

家庭のストレスはかなりあるが、それは今始まったことではない。
生まれたときからこの家庭に育ったのだ。

友達は多い方だと思う。
人間関係ではあまり苦労したことがない。

何なんだ、私は何が辛いのだろう。

ペン回しとの面談から数日後、精神科の医師の診察を受けた。
歯列矯正のブラケットが最近外されたことも、医師に話した。

精神科医師:「何が一番辛いですか?」

私:「これと言って理由はないのです。強いて言うなら生きていること自体が辛い?・・・です」

精神科医師:「鬱ですね」

私:「そうですか・・・」

医者が鬱病と言っているのだから、私は鬱病なんだろう。
とりあえず、病名が付いてほっとした。

しかし、この時処方された薬を飲んで、私はとんでもないことになってしまった。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。