スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年2010年

01/03
お正月までには退院すると言って、総合病院の血管外科に入院した母だが退院は出来なかった。
それでも31日~3日まで、外泊許可をもらって一時帰宅が出来た。

結局、母の脚の大きな痛みの原因は、「潰瘍」ということだった。
胃潰瘍は聞いたことがあるが、脚にも潰瘍って出来るのね。
昨年8月に左膝を手術したが、潰瘍が出来たのは右脚で、潰瘍は4か所も出来ていた。
何故潰瘍が出来たかというと、リンパの流れが悪くて、象のように浮腫んだ脚をかいたので、そこが傷になり潰瘍になってしまったとの事。

治療は脚をバブの入れたお湯に暫く漬けてから、腐った部分を医師が削る。
これが麻酔なしだから、毎日「産みの苦しみ」と母は言っている。

この治療に耐えるためには、身体に力が入ってしまうので、歯も噛み込んでしまう。
それを避けるために、母は治療の時はタオルを噛んでいるという。
さすが、あごずれ治療を長くやっているだけのことはあるわ。

両足が痛い母だが、あごはずれていないので、全然元気なのよ。
1日から福袋を買って、ご満悦で病院に帰った行った。
本当にちょっとのかみ合わせで人間の身体って、変わってしまうのね。

さて、今年こそは私の治療についても書いていくわー。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。