スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪徳歯科で酷い目に①

11/24
時は昭和40年代までさかのぼる。
そんなにさかのぼるのかい?! と、つっ込みを入れたくなるほど、遠い話であるが、
ここから書かないと、何故私がくまごろう先生を信頼しているのか、話が続かないのだ。
歯医者で酷い目にあった経験のある人は沢山いるはずだ。
私も当時は幼稚園であったが、信じられない治療をされた。
いや、これは治療ではない。詐欺だ!!

当時は今ほど、歯医者の数も少なくて、私はいつもは母が通っている総合病院の歯科に掛かっていたのだが、これが混んでいてなかなか予約が取れない。
私があまりに痛がるので、仕方なく母は私を近所の平○歯科へ連れて行った。
平○歯科も随分混んでいたが、ここにはやたらと白衣を来た人が沢山いた。

虫歯1本で行ったはずなのに、何故か治療は続いた。
そしてある日、上下左右の奥歯4本にいっぺんに銀歯が被せられた。
6番か7番かは覚えていない。
その内の1本に銀歯を被せる時、グイ、グイと2段階に分かれて激痛が走った。
痛いーーーーー!!(。>0<。)ビェェン
当然、幼稚園の私は泣いて訴える。
母も尋常ではないことを察して、歯科医に訴える。

「この子は歯医者で泣いたことなんて無いんです。我慢強い子なんです。」
しかも私が訴えているのは、4か所全部ではない。
1か所だけなのだ。
しかし、歯科医は所詮幼稚園児が泣いているものと相手にしない。
仕方なく痛み止めを貰って、来る時は歩いてきた道をタクシーで帰った。
もう私は歩ける状態ではなかった。
家に帰っても床で転げまわる私を見て、母が平○歯科電話して、再びタクシーで平○歯科に行った。
そして再度訪れた時、衝撃的な言葉を聞いた。

つづく
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。