スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消化器科に行ってみる その6

01/12
内視鏡での大腸ポリープ切除術から3週間後、病理検査に出されたポリープの検査結果を聞くために消化器科へ行った。

予約は一番最後の16時にしてもらった。
待合室で順番を待っていると、何故か妹が登場した。
いちお心配しているらしくて、いっしょに結果を聞くと言う。
あまりありがたくない。

名前が呼ばれて二人で、診察室に入った。

おにぎり先生:「先日のポリープの結果ですが・・・」

先生は紙にポリープの絵を書き出した。
ポリープの上の部分を黒く塗り潰す。

おにぎり先生:「大きさは2、3cmありました。ポリープの上、20パーセントが悪性でした」

私:「先生、それって大腸がんじゃないですかー!!」 

おにぎり先生:「まあ、そうですねー」

癌( ̄▽ ̄;)!!ガーン

私:「だから私、絶対普通じゃないって、言ったじゃないですかー」

おにぎり先生:「いやー、何でもないと思ったんだけどねー」

大腸がんはショックだったが、長い間わからなかった私の具合の悪い原因は解明できた。

「大腸がん」 なんとりっぱな病名なんだ。
やっと私の納得できる病名がついた。

私:「これから抗がん剤治療が始まるんでしょうか?」

おにぎり先生:「いいえ、ポリープの根っこの部分は良性だったので、これにて治療はありません」

!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

先生がくれたメモには、ポリープの絵と「今回完治」の文字があった。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。