スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は死ねない

02/13
2006年11月、この頃から体の具合が悪いのに、反比例して私には楽しい行事が沢山あった。
はっきり覚えているのは、友達の結婚披露宴での演奏だ。

ある程度の年齢になると、結婚式に出席する機会も少なくなる。
新婦とは29歳の時、職場で知り合った。
大人になってから、こんなにステキな友人が出来るとは思わなかった。
彼女と知り合って、いろんな刺激を受けた。
アマチュアオーケストラでヴィオラを弾く友人の結婚式には、弦楽の人たちが沢山来ていて、友人も演奏する。

それとは別に私が所属しているマンドリンアンサンブルも演奏させていただくことになった。
私はクラシックギターを弾いている。
アンサンブルに加入することになったのも、彼女がきっかけで加入することになった。

3曲だけの演奏だったが、3曲目は新婦がフルートで参加する。
曲はラバースコンチェルト。
新婦がヴィオラを弾くことは皆が知ってることだが、フルートはちょっとしたかくし芸だ。
なんてステキな構想なんでしょう。

しかし、私はギターを持つこと自体が辛い。
もう指に力が入らない。
演奏なんてとても無理。
もう死んでもいいくらいなの。

これだけ身体が辛くて、病気でなければ、普通は自律神経失調症ということになると思うが、私には辛いことがない。
むしろ楽しいではないか。

今日は死ねない。
私は結婚式で挨拶もしなければならない。
いっしょに演奏するって約束したんだ。
友人の結婚を心から祝福している。
今日死んだら、新郎と何かあったみたいではないか。

だから私は今日は死ねない。


【追記】

あまりにブログが悲惨な内容になってきているので、当日の写真を追加します。
本当は新婦と演奏している写真を載せたいところですが、うまいこと、私の後姿だけの写真がありました。
ブログを読んでくれている方、少しは親近感が湧くかな~?


結婚式

プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。