スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人の死

02/24
私がもう生きているのが辛いと感じていた頃、友人が二人亡くなった。

一人はマンドリンアンサンブルのメンバーで、いつも元気な明るい太陽のような女性だった。
乳がんで、彼女が練習に復帰したときは、「全摘だったのー」と笑顔で明るく言った。
しかし半年もしない間に、肺に転移して亡くなってしまった。

もう一人は、私の数少ないメル友で、身長190cm、しかも顔が怖い、心優しきボーイフレンドだった。
彼と知り合ったのは、アマチュアバンドの打上げで、席が偶然私の向いだった。
音楽の趣味がすごく合って、CDの貸し借りをするようになった。

いつも私に「お姉さん、体力ないですねー」と言っていた彼は、元々心臓病があって、2006年の冬に心臓発作であっという間に亡くなってしまった。
病院から「電気ショックかけましたー」って、メールが来ていたのに・・・
新聞で始めて、年齢を知った。
まだ31歳だった。

人間は元気でも心臓が止まると死んでしまうんだね。
私は毎日具合が悪くても死ねない。
心臓は悪くないもの。

私にはまだ生きろという事なんだろうか?




注:いやー、暗いブログだね。
でも、これは2006年のお話です。
これから話は2007年に入っていきますが、ますます暗くなります!!
もう、真っ暗ですから~
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。