スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルコイドーシスとあごずれ

04/02
退院してから、食欲旺盛な母。
今日は近所に住む伯母のところへ一人で歩いて出かけた。

母はサルコイドーシスという難病を持っている。
もう発症して10年以上経つが、未だに原因が分からない。
原因が分からないから、治療の方法も特にない。
だから難病と言うのか。

3年前の2007年、母はまったく食欲がなかった。
唾液が出ないのだ。
総合病院の口腔外科で検査すると、サルコイドーシスによるリンパ線の腫れが、唾液腺を圧迫して唾液が出ないという。
唾液が出ないと、口の中はいつも乾燥して、熱を持っている。
痛くて食べることが出来ない。
食べることが出来ないと、人間は弱っていくし、外にも出なくなってしまった。

あれから3年、今や母はチキンフィレサンドを2つ食べるという快挙。

私:「唾液が出る治療って何かやった?」

母:「何にもしないけど、唾液がでるようになった。あの時が口に火がついたみたいで一番辛かったわ」

おおぉぉぉ w(*・o・*)w これはまさに丸山咬合療法の成果ではないか。

別な病気でも母と同じように、唾液が出なくて苦しんでいる人は沢山いるはず。
あごずれ治療をして、唾液が出るようになるというのは考えられると思う。
もしかしたら、これで沢山の人が助けられるかもしれない。
サルコイドーシスを研究している呼吸器科の先生には、咬合という発想はないのか?

治療を受ける前は50万円は高いなーと思ったが、今、母が美味しそうに食べている姿をみると、思い切って治療を受けて良かったと思える。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。