スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死んだ方がマシ

06/30
2007年11月、この頃になると仕事で普通に椅子に座っているのも辛くなることが多かった。
身体が傾いてしまい、倒れそうになる。
意識がもうろうとしていた。

「退職」の話をする元気すらない。
普通はこの状態で仕事をするのは不可能だが、この時期私の仕事は極端に暇だったので、何とか凌げた。
しかし、また忙しくなる時期は必ずやってくる。

私には、この暇な時期にやっておかなければならないことがあった。
職場の建物の取り壊しが決まって、隣に新築される建物に引っ越すことになった。
倉庫の片づけをしなければならない。

私:「1階の倉庫に行ってきます」

職場の人から見れば、よく片付けをする人と思われていたかもしれない。

倉庫のドアは少し開けたままにしておいた。
万が一、私が意識を失って倒れても、電気がついてドアが開いていれば、誰かが見つけてくれるはずだ。

倉庫に行っても、ほとんど片付けなど出来なかった。
目を開けていることが出来ない。
ただ、立って時間が経つのを待っていた。

こんなに意識を失うほど辛いなら、死んだ方がマシではないか・・・

私の気持ちは、もう死んでもいいくらい辛いから、死んだ方がマシに変わって行った。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。