スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯科医は職人

12/14
私は「歯科医は超細かい職人」だと思っている。
そのイメージはくまごろう歯科の院長を見て、そう思ったのだ。

くまごろう歯科はバスを降りてから結構歩いた。
12歳の少女が通うには不便な場所だったが、歯科技術には代えられない。
信頼できる先生の歯科へ通いたい。
くまごろう歯科はビルの3Fにあった。

受付にはくまごろう先生のお母さんがいた。
私が中学校1年生のときだから、この時はくまごろう先生も中1である。
当然ここにはいない。

「まあ、くうにゃん」くまごろう先生のお母さんは、私のことをはっきり覚えていてくれた。
初日は、腫れが引くまで治療は出来ないというとで、薬を貰って帰った。

1週間くらいして、腫れが引き、治療が始まった。
くまごろう先生のお父さんである院長は、無口である。
余計なことは全然喋らない。
黙々と治療する。
その姿は、まさに職人である。
とても丁寧な治療なのが、12歳の私にもわかった。
かなり腫れた状態で歯科に行ったが、歯も抜かず、神経も抜かず治療は終わった。
ここまで通ってきて良かった!!

そんな時、無口な院長から意外な言葉が出た。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。