スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過酷な前日

10/31
丸山先生に顎の位置を診て頂く事に決まった。
2007年12月
うーん、いつだったかはっきりは覚えていない。
ただ、金曜日だったと思う。

なぜ、曜日を覚えているかというと、前日は私にとって過酷な日だった。
私は内視鏡での、大腸ポリープ除去手術を受けていたのだ。
消化器科のおにぎり先生の大腸検査の日が木曜日と決められていた。

ということで、くまごろう先生から指定された日は、2007年のカレンダーを見てみると、12月21日(金)ではないかと思う。

ここの総合病院ではポリープを採ると、最低1泊入院することになっている。
あくまでも最低。

本当は夏の間に、入院してポリープを採りたかったが、おにぎり先生が系列の違う病院に暫く行かれていて、予約が取れず12月となってしまった。
とにかく、私の腸は細いとのことで、普通には検査出来ないので、代わりの先生というわけにはいかないのだ。


大腸カメラは4回目となるが、相変わらず七転八倒の痛さ。
この時は、小さなポリープを2つ採った。

2006年の大腸の検査では、ポリープは沢山あると言われたが、この時の検査で、他の小さなポリープは消えていると言われた。
ポリープって、小さいものだと自然に消えることもあるのね。

20日(木)に入院して、21日(金)には退院して、午後12時に丸山先生の診断を受ける。
丸山先生が来られるのは、いわゆる地方センターになっている歯科医院で、家からは1時間半は見なければならない。

うーん、過酷だー!!
てか、1泊で退院できるのか?!
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。