スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険のスプリント その2

11/23
噛む

噛む

保険のスプリントをすごい力で噛み締めていた。

やがて私の身体に変化が起こった。

スプリントをはめると腰が痛い。

2週間ほどはめて寝ていたが、MFA装置が出来てくる前日にギブアップ。
腰が痛くて、ついにはめる事が出来なかった。

それでもこの2週間は、このスプリントにとても御世話になった。

ありがとう、保険のスプリント!!

しかし今、保険のスプリントをMFA装置やDS装置と比べてみると、まるで「おもちゃ」に見える。

私の知人で、夜寝ている間に食いしばるという方がいたので、くまごろう先生をご紹介した。

私:「私は保険の効かない治療だけど、くまごろう先生は普通に保険診療もしているから」

知人:「保険のにする。保険効くのも効かないもの同じでしょ」

え~!! 同じじゃないよー!!

と、思わず声を荒げてしまった。
同じスプリントなら、世の中すべての人が保険を使うだろうが。
まあ、患者には違いは分かりにくいのは確かだ。

ということで、保険の効くものと効かないものを比べてみた。


保険のスプリント


左が先日漂白したDS装置、右が保険のスプリント。

うーん、こんなに小さな写真だと違いがわかりにくいなぁ。

歯科での治療用のマウスピースもいろいろあるらしいので、一概には言えないが、私が使っているのは、すべて上顎にはめるタイプのもの。

私が使った保険のスプリントは表面がツルンとして噛む位置は決まっていない。

それに対して、MFA装置もDS装置も噛む位置は決まっている。

素材も厚みも作る技工士さんも、全然、違うんだけどな~。
もちろん、金額もケタ違いだしね。
違いがないと、当然こんな治療受ける患者だっていないのわけよ。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。