スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6日目の出来事

01/17
2008年1月21日のお話

MFA装置をするようになってから6日目の午後、身体に衝撃を感じた。
人に説明する時は、体にドーンと雷が落ちたような衝撃と説明しているが、あまり伝わっていないようだ。

午後からとにかく眠い。
しかし、体が痺れたような衝撃がドーンと来た。
今まで体験したことがないような感覚だ。

一番驚いたのは、私の麻痺した右下の唇がビリビリ痺れている。
この麻痺は、まだ歯列矯正をする前、右下8番の抜けない親知らずを無理やり引っ張ったために残ってしまった。
その麻痺した部分がビリビリ痺れている。

そして体のあちこちが痛い。
でも、いやな痛さではないのだ。
例えて言うなら、「筋肉痛」なのである。

明らかにMFA装置の好転反応だと感じた。

夕方には唇の痺れは治まった。
それにしても、何年も麻痺していた部分が痺れるなんて、ありえない!!
MFA装置は顔面麻痺した人にも有効では?と患者ながらに思った。

首のこりは随分楽になったが、腰が痛い。


2011年現在も唇の麻痺はわずかに残っていますが、まったく気にならない程度です。
以前は唇にご飯粒が付いていても、感じませんでした。
2008年のこの時に、かなり回復したと思います。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。