スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねずみの入れ物

01/18
本日、くまごろう先生より頂いた「小さなねずみ」
大きさを比べるために、のど飴といっしょに撮影した。


ねずみ2


歯科医ならばご存知なのかも知れないが、このブログを読んで頂いている大人の患者にはわからないと思う。

これは抜歯したときに、歯を入れて患者に渡す入れ物なのだ。
乳歯を抜歯したときに渡すことが多いという。

何故、私が歯を抜歯したときの入れ物を、くまごろう先生から頂いたかというと、本日



抜歯してきました~!!


あごずれ治療している患者には、えらいこっちゃの話だか、抜歯したのは右上8番の小さな本当におまけの様にまっすぐ生えている親知らずである。
虫歯になってしまい、くまごろう先生も随分悩んでいたようたが、結局抜歯することになった。

ねずみの入れ物は、このようにパカッと開く様に出来ている。


ねずみ3



うーん、まだ血が付いていて、なまなましいねー。

さて、この右上8番を抜いて、吉と出るか凶と出るかはわからない。
以前、右下の8番抜歯で、死にそうになったことがある私は、もう2度と歯は抜きたくないと思っていた。
今回は別に抜歯しなくても、それほど酷い虫歯ではなかったので、他の先生にだったら、「残して下さい」と言ったと思う。

くまごろう先生もこれを抜いて、体調が悪くなることをしきりに心配していた。

なのに、何故抜歯したかというと、院長(お父様)が抜歯した方が良いというご意見なのと、私はもしこれで具合が悪くなっても、くまごろう先生は患者を見捨てるようなことはしない。必ず、何かしてくれるはず。

くまごろう先生は、これで具合が悪くなっても、途中で治療を諦めるような患者ではない。

お互いが、そんな風に思えるようになったと感じたからなんだよね。
ここまで3年掛かっている。
3年の歳月は無駄に過ぎたわけではない。

くまごろう歯科は外科的な処置は院長がすることが多い。
抜歯することに決まっても、実際処置をするのは院長だと思っていた。
まさか、くまごろう先生が抜歯するとは思わなかった。

3年間くまごろう先生に診て頂いているのに、このような処置はされたことがなかったのだ。
麻酔が効いて、歯は5分たらずで抜けた。
何も痛くないし、辛くもない。

普段の装置の調整とは違う、沢山の口腔外科の器具を見て思った。

りっぱな歯科医になったもんだ~!!

抜歯は歯科医にとっては、あごずれ治療よりずっと簡単なんでしょうけどね。(^^)
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。