スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調整69回目

10/27
以下のブログも2011年にタイムリーで書いたものです。
当時はすごい発見じゃないかと思って書きました。(^^;



2011年3月1日のお話

朝、4つ目のマウスピースをして、ビニールをあちこちで噛んでみると、前歯で噛むのが一番良い。

マウスピース2つ目、3つ目、4つ目を持って受診。

私:「今日は4つ目の前歯にビニールが一番合ってる。先週までは2つ目と3つ目の方が合っていたけど」

くまごろう先生:「自分で分かるの?」

私:「分かる!!」

くまごろう先生:「何で分かるの?」

私:「装置が合わないとゲリになるから。思い切って顎の位置が逆の4つ目に変えたら、ゲリも治るのよ」

くまごろう先生:「過敏性大腸炎の原因もあると?」

私:「そうそう(^^)」



マウスピースを3つまとめて持ってきたのは、今日が初めてである。
この1か月は、3つともフルに使った。
もちろん、ビニールを使って私なりに調整している。

まずは今日現在合っていると思われる4つ目を調整してもらう。

おおぉぉぉ w(*・o・*)w 良い感じ~!!
くまごろう先生から腕を押されても、ビクとも動かない。

続いて3つ目の調整。
こちらは左7番がずれていた模様。
くまごろう先生から腕を押されても動かない。

さらに続いて2つ目の調整。
こちらも左7番がずれていた。
くまごろう先生から腕を押されても動かない。


お気付きであろうか?

2つ目と3つ目は顎を左へ、4つ目は顎を右へ移動して作ったマウスピースだ。
左右が逆なのに、腕は下がらない。

ここが両手アプライドキネジオロジーの落とし穴ではないかと思う。

私はくまごろう先生に装置を何度も調整して頂いている。
調整していただいた時は、確かに力が入っているのに、1時間と持たないことが何度もあった。

それは何故か?

すでに正しい顎の位置が逆になっているのに、それでも短時間であれば力は入るのだ。

しかし、所詮合っていないものは、1日たりと持たない。
すぐに具合が悪くなってしまう。

では、どうすれば合っているマウスピースを見つけられるのか?


くまごろう先生:「中指と親指でオーリング作って」

3つのマウスピースをして、それぞれ中指オーリングで試してみた。

結果、4つ目は指は開かず、2つ目と3つ目では指が開いてしまった。

私・くまごろう先生:「右だわー」


オーリングと両手アプライドキネジオロジーが必ずしも比例しないことはわかったいた。
オーリングが力が入っていたからと言っても、両手アプライドキネジオロジーではダメなことがある。
その逆もあるわけだ。

両手アプライドキネジオロジーで力が入っても、オーリングではダメなのだ。

本当に合っているマウスピースは、どちらでも力が入る。

キーワードは、両手アプライドキネジオロジーと中指オーリングの両方を使って確かめること。


治療をしている歯科医の方、是非両方で確かめてみて下さい。
私の経験が治療の参考になるかもしれませんので。



これだったら、早く自分で正しい位置のマウスピースを選ぶことが出来る。
と言っても、誰かに押してもらったり、引っ張って貰ったりしないと分からない・・・
アゴが正しい位置に来たら、ピンポーンとか鳴らないだろうか?


この日はレントゲン写真を2枚撮った。
レントゲン写真を撮ったのは、治療開始以来だと思う。

くまごろう先生から、もっと舌の根元からトレーニングするよう言われた。

それと、くまごろう先生は大学に行く用事があるので、私の歯列矯正をした大学病院の矯正科の歯科医に会うと仰った。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。