力こぶ

03/25
2008年2月25日のお話

力こぶとは
力をこめて腕を曲げるとき、二の腕の内側にできる筋肉の隆起。

MFA装置をするようになってから、身体のあちこちが痛かった。
特に腰が痛かったが、暫くすると痛みは治まり、お尻には筋肉がつき、結果ヒップアップした。
外股歩きもも治った。
フラフラ歩いていた時のことを思うと、信じられないくらい下半身に変化があった。

上半身はどうだろう?

首や肩の凝りは楽になったが、上半身の変化はわかりにくい。

この日の夜、何気に自分の腕を触った。


硬い!!

腕を曲げると、なんとそこには力こぶが出来るではないか!
他人から見ると、そんな大げさなものではない、見た目にもわからないような筋肉ではあるが、確かに腕に硬い筋肉がついている。
MFA装置をする前は、力こぶなんて無縁のものだった。

上半身にも筋肉はついていた。
いやー、すごいね。
何がすごいたって、運動していないのに全身に筋肉がついているこの現実。

私はマウスピースで顎の位置を変えただけ。
顎の位置を変えたら、全身に筋肉がついた。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター