スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビニールを噛む場所の探し方

05/08
私のマウスピースが入っているケースの中には、ビニールを小さく切ったものが沢山入っている。
ビニールはゴミ袋である。

MFA装置をして体調は劇的に良くなったが、装置がずれてしまうと、途端に具合が悪くなってしまう。

私は以前、くまごろう先生からゴミ袋を噛むように言われ、その通りにやってみたら、確かに体調は良くなった。
その時は右2番に噛んでと言われたので、そのようにしただけで、私にはそれ以上の知識はなかった。

MFA装置やDS装置で治療されている患者さんはご存知のとおり、調整時にはビニールを噛む。
どこがずれているか、ビニールで探していると思われる。

2008年3月15日、喫茶店で調整した頂いたときに、くまごろう先生に聞いてみた。

私:「具合が悪くなったときって、装置をしてビニールが抜けてくるところに噛めばいいの?」

くまごろう先生:「違うよ。抜けてくるところじゃなくて、ビニールが引っ掛かる場所に噛むんだよ」

私:「なんだぁ、そうかー!!」


何気ない会話だが、この事を知っているか知らないかでは、治療に大きな違いが出てくる。

こんな大事なことなのに、どこにも書かれていない。
書かれているのかも知れないが、私は見たことがない。
何故、患者が自分で出来る、リスクのない応急処置が書かれていないんだ?

私自身、ビニールを噛むという応急処置を知らなければ、この治療はとっくに諦めていたと思う。
なので、この応急処置は治療している患者さんには是非知ってもらいたい。

私はもちろん、くまごろう先生にはこのビニール応急処置は患者さんに説明した方がいいとお話した。
しかし、くまごろう先生は特に患者さんに説明していないという。

私:「なんで説明しないの?」

くまごろう先生:「だって説明しきゃならないくらい具合の悪くなる人って、うちの患者さんにはいないの」


(≧ロ≦) アイヤー


私だけ?

あっ、うちの母もビニールは使っています。

という事は、うちの家族だけ?

いや、全国には他にもいるだろう。

絶対いるはずだ。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。