スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調整7回目 その1

05/21
2008年3月21日のお話

祝日だった前日から、全身が痛み出した。
明けて21日の朝、くまごろう歯科へ行った。
この日、私はどのようにして歯科医院に連絡をとって、朝一で診てもらったのか覚えていない。

電話した記憶がない。

診察券を見たら、予約が3月21日、9時になっていた。
この日は偶然にも本来の予約日だった。

全身が痛む、目も開けていられないし、息も絶え絶え・・・

私:「昨日から全身が痛いの」

くまごろう先生の診察で、いつものように両手を案山子のように上げるが、私の腕はまったく上がっていない。

くまごろう先生:「怖くて押せない」

先生は私の腕には触れなかった。

私:「脚まで痛いんだよ!!」


ビニールを噛んで、ずれている場所を探す。

私:「ビニール噛んでも全然効かないんだよ」

その時、くまごろう先生はハッとしたように、右の一番奥歯(7番)にビニールを噛ませた。

すると、私の腕が上がった。



奥歯もずれるんかい?!

私は散々自分でビニールは噛んでみたものの、実は奥歯には噛んでいなかった。
今までは右2番が頻繁にずれていたので、奥歯もずれる、奥歯にビニールを噛むという発想はなかった。

右7番にビニールを噛んだ状態で、くまごろう先生が腕を押すと、今度は下がらなかった。

しかし、全身の痛みはすぐには取れなかった。
脳が痛みを覚えている。
恐怖心も残っている。
すぐに歩けない。

私は衛生士さんに「すいません、ちょっと座らせてください」と言って、そのまま診察台に座り込んでしまった。

くまごろう先生:「絶対、途中でやめないで。治療の途中でやめたらもっと具合が悪くなる。絶対やめないで!!」

私:「やめないけど・・・辛いね、これ・・・」

辛いのは覚悟していたけど、まさか全身が痛くなるなんて。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。