スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーリングについて

09/23
オーリングは楽しい!
友達と集まる場所、レストラン、居酒屋、喫茶店、ライブハウス、電車の中、あらゆるところで遊べる。
歯医者さんは、「遊びじゃねーよ」と突っ込みたくなるでしょうが・・・

ある程度歳を取ってくれば、肩が痛い、腰が痛い、あちこち痛い、そんな話になる。
そこで私が、「どれどれー」と嬉しげに指を引っ張る。
これが面白いもので、どんなにムキムキの男性でも若い男の子でもぺら~と開くことが多々ある。
しかも、左右どちらが悪いのかも分かってしまう。
私にぺらっと指を開かれた人々は、皆驚いている。

「何ですかーこれ?」

ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ


もちろん、母が具合が悪そうにしている時は、まずオーリングを試してみる。
指が開けば、具合の悪い原因はほとんど咬合から来ているものだと考えている。

そんなオーリングを沢山やっているうちにあることに気がついた。

咬合調整でオーリングと両手アプライド・キネジオロジーは、必ずしも一致しない。

オーリングで力が入っていても、両手アプライド・キネジオロジーでは腕が下がることがある。

また逆に、両手アプライド・キネジオロジーで腕が下がらなくても、オーリングで指が開くこともある。

なので、オーリングだけで判断する歯医者さんは、私はお勧めしない。
これ、患者としてはいい発見だと思うんだけどな。
歯医者さんは皆、知っていることなのかしら?
くまごろう先生は当然知っていますよ。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。