スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調整15回目

01/08
2008年6月16日のお話

2つ目のMFA装置が出来てきた。
その装置を受け取るために朝9時にくまごろう歯科に行った。

2つ目のMFA装置は1つ目とまったく同じ物である。
バイトも1つ目と同じものなので、丸山先生にとって頂いたものだ。
技工士さんも同じだと思う。
まったく同じものだが、1つ目はやはり使用感がある。
2つ目はピカピカだ。

早速、2つ目のMFAをはめてみる。

感想はというと、

こんな事なら、もっと早く作ってくれれば良かったのに~!!

と、思うくらいに一気に体に力が入った。
1つ目と同じ物なのに、ものすごく顎が左に持って行かれるような感じがする。

私:「うまく喋られない」

くまごろう先生:「くうにゃんはまだ喋られる方だよ」

1つ目の装置をしていも、ある程度は喋ることは出来るのに、まったく同じものであるばずの2つ目だと喋ることが出来ない。
口の中のわずかな違いは、かなり大きな変化だ。

くまごろう先生が私の腕を押す。
私の腕はビクとも動かない。
2つ目のMFA装置は調整なしで、そのまま使う。

1つ目のMFA装置も調整して頂いた。

くまごろう先生:「2つ目はお守りだから普段は1つ目をして」

ということで、食後30分くらいは2個目を使って、普段は1個目をそのまま使うことになった。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。