スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを書こうと思った理由 その3

10/08
治療体験のブログを書くには、主治医の名前を決めなくていけない。
先生へメールするも返事はなし。
これは診察の時に、先生から了解を得なくては。

21回目か22回目の調整日
診察の時は、ブログについては話せず・・・

しかし、今日先生の名前を決めてしまわないと、またいつになるかわからない。
私の診察を終えると、少し離れたところで、先生がパソコンを入力している。
この入力が終わると、先生は次の患者の元へ行ってしまう。

今だ、今しか話せない。

パソコンを入力している先生の背後からジョーズのように、静かに近寄る私。

私:「あの、あのう・・・先生のハンドルネームって、くまごろう先生で良いかな?」

先生はパソコンの画面を見たままだが、首を縦に振ったのがはっきりわかった。
そして口元が微笑んでいた。

私:「あっ、忙しいのにごめん」

そしてジョーズは先生の元を離れた。




このブログを書き始めた時は、1年くらいで治療は終わるのではないかと思っていた。
しかし、全身に及んだ症状は良くなったり、悪くなったりを繰り返し、今は何とか普通の生活が出来るようになった。
くまごろう先生には、今も定期的に診ていただいている。

今まで作ったマウスピースは全部で4つ。
今は使うことはほとんどないが、一つ一つに想いが込められている。

こんな患者はめったにいないみたいだけど、複数必要な人もいるんじゃないかな。

私がブログを書こうと思ったのは、咬合治療はそんなに簡単なものじゃないと伝えたかったのが一番の理由。
でも、くまごろう先生が勉強していることって、色んな治療の組み合わせだから、日々進化しているのね。

このブログもなかなか進まないけど、少なくても後4年分の治療体験があるのよー。(^^;
くまごろう先生もさらに進化して、果たしてどうなることか?


このブログが患者さんの治療の参考になれば幸いです。
私の現在の治療については、リンクさせていただいています「あごずれどっとこむ」を見ていただければわかります。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。