スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生と女子会

01/26
2009年4月18日のお話

30回目の調整の後、くまごろう先生とお昼ご飯を食べることになった。
以前、HP作成の打ち合わせの時に行った、近くの喫茶店に入った。

私:「くまごろう先生はどうして、あごずれ治療をやろうと思ったの?」

くまごろう先生:「患者さんでなかなか顎関節症が良くならない人がいて、悩んでいた時に、メーカーの人が丸山先生の講習会のチラシを持ってきたの」

私:「それで勉強することになったんだぁ」

くまごろう先生:「私、大学で麻酔科に残ったでしょ。麻酔科は全身を診るのね。丸山咬合療法も全身を診るの」

私:「そうだ、麻酔科の免許も持っているんだよね」

くまごろう先生:「私は歯科医なんだけど、大学病院に勤めていた時は、医科に出向していたんだよね」

私:「えっ、それじゃあ、お医者さんと同じじゃないの」


はあー、通りでくまごろう先生は歯科医の域を超えていると思った。
歯科の麻酔科医であっても、大学病院の医科にいれば、患者さんも病院側も医師としての見る。
誰も歯医者だとは思わない。
くまごろう先生は医科で、麻酔科医として様々な手術にも立ち会い、そして勉強してきたのだろう。


私:「先生はどこか具合が悪いの?」

くまごろう先生:「どこも悪くないの」

私:「えっ、どこも悪くないのに、こんな治療始めようと思ったんだ」

くまごろう先生:「でも、考えてみると私の周りにも具合の悪い人ばかりなんだよね」


それから、私はくまごろう先生から顎位についての話を聞いていた。
もう、アゴ女子会というか、くまごろう先生の一人講演会というか、話題はアゴと不定愁訴と難病。

ふと窓を見ると、外が暗くなっている。
雨が降っていた。
雨が降っているからこんなに暗いんだろうか?
時計を見ると、5時近くなっていた。

昼食を食べに来たのに、もう夕方になっている。
私達は4時間もアゴの話をしていたのだ。

くまごろう先生が良心的で熱心な先生だから、私も治療を続けて来られた。
3つ目のマウスピースのアゴの位置は、くまごろう先生が決めるという。
何とか良くなってその恩に報いたい。

この日の事は、一生忘れないでおこうと心に誓った。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。