スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調整33回目

02/24
2009年6月20日のお話

3つ目のマウスピースが出来てきた。
これは世に出ている中では、たぶん少ない丸山先生のバイトのDS装置となる。
1つ目と2つ目はまったく同じ物なので、ほとんど見分けがつかなかったが、3つ目は明らかに違った。

1.でかい
2.綺麗
3.右上8番がない
4.前歯部のみ素材がちがう。

どういう事かというと、3つ目も1つ目と2つ目と同じように丸山先生が決めたバイト(アゴの位置)で作っているので、噛む部分は3つとも同じ大きさということになるが、マウスピース全体の大きさが違う。

綺麗と言うのは、新品なので使用感がない。
ピカピカだ。

右上8番がないというのは、当時私には右上に小さな親知らずが生えていた。
1つ目と2つ目のMFA装置には、親知らずにもマウスピースを噛むようになっていたが、3つ目には7番までしか噛まないように作られている。
つまり私の右上の親知らずはないのと同じ状態で作られていた。

前歯部の素材にはラバーという軟らかいものが入っていた。
詳しくはあごずれどっとこむの写真と説明を見ていただくと分かりやすいと思う。

http://agozure.com/03_chiryou.html


3つ目のマウスピースをして、くまごろう先生が私の腕を押す。
腕は下がらい。
この日は左下の7番の歯を削った。

マウスピースを3つ作ってもらった。
また2つ目を作った時みたいに、劇的に体調が良くなるに違いない。
これで最後にしよう。

3つ目を受け取ったが、まだ金額について話し合いがされていなかった。
私はすぐにお支払しなくてはと思っていたが、くまごろう先生が治療の途中で3つも作る人がいないので、幾らもらっていいのか、考えているようだった。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。