スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳腺クリニックの院長

07/21
2010年2月22日のお話

人間ドックの乳がん検診で引っかかったと友達に言うと、皆から矢の様に「専門の乳腺クリニックへ行きなさい」と言われる。

ここは迷わず朝一で乳腺クリニックへ行った。

私はこのクリニックの院長に言われた一言が今も忘れられない。


まず、エコー検査をして、続いてマンモグラフィー検査へ。

マンモグラフィーはおっぱいが潰されて、過去泣いたくらい痛い思いをしたので、相当覚悟して検査に臨んだが、「あれっ?」というくらい痛さが全然違った。

そんなに泣くほど痛くない。
さすが専門の病院だと検査技師の腕も違うのだろうか。

検査着のまま暫く待っていると、再度名前を呼ばれた。
診察室に入ると院長が座っている。

ここの院長ははっきり言う先生だからと友人から聞いていた。
友人はこの病院で乳がんが見つかり全摘した。

次は触診かと思いきや、院長は私の写真を見ながら説明した。

院長:「小さい影のようなものは見えますが、癌の心配はないですね」

私:「そうですか。あの触診はないんですか」

院長:「必要ないです」

そして院長はこう言った。





「無罪放免!!」




き、金さん?


遠山の金さん




これにて一件落着 パチパチパチ
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。