スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婦人科の院長

07/27
2010年2月22日のお話の続き

乳腺クリニックのお白洲を後にした私は、そのまま「無罪放免」を伝えるため、入院している母の病院へ行った。
そこでお昼ご飯を食べ、その後、別な病院の総合病院の婦人科に友達が入院しているので、お見舞いに行くことにした。


友人の病院へ行くと、子宮の手術をした後だったが、比較的元気だった。

私:「今、乳がん検診で無罪放免にはなったんだけど、子宮にポリープがあるからそれも取らなきゃならないんだよね」

友人:「それは取った方がいいね」

私:「あー、この勢いで行ってみようかな」


友人から元気をもらい、私が向かったのは、友人が入院している病院の外来ではなくて、くまごろう先生から御紹介して頂いた個人の病院の産婦人科だった。

乳腺クリニックと母の入院している病院と友人が入院している病院とこれから向かう産婦人科は全部離れていて、市内中を電車で移動しなければならない。

病院に着くと、見過ごしてしまいそうなくらい、外からはちょっと病院には見えない。

病院の中に入ると、産婦人科とはなっているが、赤ちゃんや妊婦さんらしき人はひとりもいない。
しかし、落ち着いたソファーの待合室には、患者さんが沢山待っていた。

私:「あの、予約していないんですけど、今日は診察して頂けますか」

受付:「はい、お待ちいただきますがよろしいですか?」

えっ?今日は御不幸でも?と聞きなおしたくなるくらいの小さな声だった。

受付:「今日は○○円くらいかかりますがよろしいですか?」


えっーーー!!そんなにかかるのー。
前も子宮のポリープ取ったけど、そんな金額ではなかったよ。
幾らなんでも高すぎないか?
と思ってはみるが、ここまで来たら仕方がない。

私:「はい」

待合室にオルゴールの音が流れる。

暫く待っていると名前を呼ばれた。

男性の先生だが、とてもにこやかにゆっくり喋る。

今日、ポリープを切除することになった。

診察台も綺麗だし、看護師さんもとても気を使ってくれる。

私:「い、痛い、いたたたたた」

院長:「はーい、ごめんなさいねー。」

・・・うっ、今まで数々痛い思いをしてきたが、こんなにやさしい言葉が返ってきたのは初めてだ。



しかも、ポリープを取っていることを考えれば、そんなに痛くないし、時間も短い、上手なのだ。

ポリープは無事切除された。

院長:「卵巣も診ておきましょうねー」

この病院は先生がこんな感じで、やさしく患者と接するから、内装からスタッフの対応から、何もかも癒し系なんだろう。
混んでいても、この先生でないとダメという患者が多いのがわかる。

診察の後、受付で会計した。

受付:「今日は○○円になります」

聞いていたとはいえ、


高っ!!(@_@;)

何かも癒し系・・・
会計だけは、癒し系ではなかったよ。

この日は一日で、病院を4件回った。
本当に長い一日だった。
そしてこの日、出会った二人の院長とは、この先患者として長いお付き合いとなる。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。