スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気功 その1

08/01
婦人科で子宮のポリープを切除してから、病院へ結果を聞きに行った。
結果は良性だった。

私:「先生、私何だかいつも具合が悪いんですけど」

こちらの病院では、沢山の代替療法を行っているそうで、医師からパンフレットを貰った。

代替療法は保険が効かないものがほとんどなので、とにかく値段が高い。
その中で、一つだけ私にも出来そうなものがあった。
それが「気功」であった。
気功は1回に多数の患者さんが受けることが出来るし。材料がかからないので、受講料が安い。

2010年3月8日のお話

気功初日なのに、病院の場所がわからなくなり、遅刻してしまった。
会場には20人くらいいたが、先生も生徒さんもこの病院の患者さんなので、すべて女性である。
私の準備をゆったりと待っていてくれた。

私は何をするのかわからないので、今日はほとんど見学者状態だが、先生の言われる通り、皆さんの中に入って、真似をしながら、体を動かした。

超ゆっくりな動きで、正座さえ出来れば、誰にも出来るような簡単な呼吸法だった。
この日、私の体調はあまり良くなかったが、これなら続けられるかなと思った。

1時間半の予定と聞いていたが、時計はまた45分。
この後、何があるんだろうか?

ここでもう一人、男性の気功の先生が来られた。

気功先生:「対気します。両壁に2列に並んでください。今日、初めて方は見ていてください」

気功の先生と患者一人が右手の手首あたりをふれて向かい合う。

先生が「ハアー」と気合を入れると、その人は後ろのマッドレスに押し付けられるように激突した。
かと思いきや、そのまま走りだし、また向かい側のマッドレスに激突して、また走って戻ってきた。

飛ばされたご本人は楽しそうに笑っている。

何なんだ?これはいったい何なんだ?

癒し系産婦人科の2階は、道場と化していた。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。