スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図説 直立動態と心身症状

08/09
私がくまごろう先生から受けている噛み合わせの治療の本が発売された。

私はこの本の発売を随分待っていたのに、あまり宣伝されてない。
私自身もまだ読んでいないが、内容的には患者さん向きというより、歯科医の専門書のようだ。


この本は、丸山咬合療法ではなくて、動的平衡対応・咬合医療のあごろべえ先生と仲間たちの本です。
つまり、私が作って頂いた3つ目と4つ目のマウスピース(DS装置)とその理論が書かれています。

顎関節症や噛み合わせが原因と思われる不定愁訴に苦しんでいる方は沢山いらっしゃると思いますが、この本に関わっている歯科医は、少なくともかみ合わせと全身は関係していると考えている先生です。



本




『図説 直立動態と心身症状 ~人の立つしくみに内在する病因の発見と臨床応用~』
http://eppub.jp/archives/1433
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。