スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右上8番親知らずの抜歯

10/10
2011年1月18日のお話

右上8番 親知らずを抜くとは決めたものの、くまごろう先生はギリギリまで迷っていた。
右上8番の歯は、とても小さな歯で、どこにも当たっていない。
右下、左下8番はすでに抜歯している。
左上の8番は元々生えていない。
椅子に座って、親知らずにビニールを噛んで、Oリングをしたが良くわからず・・・
結局抜くことになった。

この日のブログは、タイムリーでアップしている。

http://evea60.blog36.fc2.com/blog-entry-288.html

吉と出るか凶と出るかはわからない。
と書かれている。

抜歯してどうなたったのか言うと、


2011年1月19日のお話

朝、起きると体がぽかぽかと暖かい。
1月なのに~。
昨日までとはまったく違う。
明らかに右上の小さな親知らずが、全身に悪影響を及ぼしていたと感じた。

この日、長年やろうとしていたが、出来なかったことをついにやることが出来た。
それはクローゼットの整理。
もう、着ないコートやスーツが沢山クローゼット埋もれていた。

整理したいけど、当時は高かった。
だいいち、何年も具合が悪くて、洋服の整理をするどころではなかった。

もう着ることはない、マジンガーZの様な肩パットが入っている、数々の原色のスーツとコートを1枚1枚写真に撮って捨てた。

たとえば、こんな洋服


赤



黄色




ピンク


゜(゜ノ∀`゜)゜。アヒャヒャ ー

くまごろう先生が大学で、麻酔科医として勉強していた頃、私はこんなポストみたいな洋服を着て、歩いていたんだねー。


親知らず抜歯で、これを捨てることが出来ました。
と言っても、スカートだけは残してありますが・・・


翌週からは、またPCの前に座る環境になった。
汗だくの立ち仕事は、まったく違う一日。

また、あごずれの更なる発見があった。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。