スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枕の高さを変えてみる

03/21
丸山咬合療法を始めてから、枕の高さを何度か変えている。
私の場合は高くした。
歯列矯正をしてる頃は肩こりが酷くて、枕を低くすることだけを考えていた。
時には枕をはずして寝てみたりした。

私は歯列矯正をしている間に、いつしか右を向いてしか寝ることが出来なくなった。
寝返りしているのかと思うくらい、いつも右を向いて寝ていた。
MPA装置により、私の場合は後退した下顎が前に移動した。
それでも低いままの枕で寝ていた。

治療をはじめてまもなく、NHKの「ためしてガッテン」という番組で枕についての放送を見た。
http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2008q1/20080206.html

その放送で右を向いて、私と同じ格好で寝ている人を発見した。
何が同じなのかと言えば、横向きになって顎に手を当てて寝ている。

「この方は枕が低いですね」

o(゚◇゚o)ホエ? 低い? 

「低いから顎に手を当てているんです」

( ̄▽ ̄;)!!ガーン 今まで低くすることだけを考えていた・・・・
しかも、寝ながらにして頬杖をついているではないか。
最悪だ!!

それから枕にバスタオルを重ねて高くした。
うーん、なかなか良い。でも朝首は回らない。

暫くして枕を変えてみた。
真ん中が少しへこんでいる。
今時の枕はこの形が多いみたい。
うーん、なかなか良い。でも朝首は回らない。

さらにその枕に厚いバスタオル重ねて高くした。
うーん、なかなか良い。でも朝首は回らない。

そして2日前、枕の下に薄いサブトンをひいて、かなり高くしてみた。
寝づらいが、頚椎の角度が変わり、上下の前歯が当たるようになった。
うーん、なかなか良い。

暫くこれで様子を見ることにしよう。
人間の寝ているときの格好は、単純なようで、不定愁訴の人には大きな問題かもしれない。
枕の高さを変えてみるのも、一つの手段だろう。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。