スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネフローゼ症候群その5

03/23
私がネフローゼになったのは、20年前のお話。
完治まで4年かかった。
3か月間の入院で、後半の2か月間は病院から通勤した。
私は病気とはいえ、とてもやる気のある人間だった。

私を苦しめたのは、病気そのものよりもステロイドの副作用だった。
入院して暫くしてから髪の毛が細くなった。
当時の髪形はストレートのロング。
まるでシャンプーのCMに出てくる人のようなサラサラの髪になった。
しかし、その髪の毛がハラハラと抜けるようになった。
8人部屋の病室で私が歩いたところは、長い髪の毛が沢山落ちている。
シャンプーすると、どっさり抜けて風呂の排水溝が私の髪の毛で詰まる。

私:「薬の副作用だと思いますが、髪の毛がすごく抜けるんです」

内科医師:「髪の毛が抜けるなんて聞いたこと無いなー」

( ̄□ ̄;)!!この状態が薬の副作用でなくて何だとこの医者は言うのか。
ステロイドについて書かれている本を沢山読んでみた。
すべての本に副作用で、髪の毛が抜けると書いてあった。

顔が丸くなってきた。
元々下顎が小さいので、丸いというより球という方が合っている。
ムーンフェイスとはよく言ったもんだ。

体重もどんどん増えた。
退院してからは、あれよと言う間に13Kgも増えてしまった。
今度は水で浮腫んでいるのではなくて、脂肪がついてしまったのだ。
元々食が細いのに、食べ続けた。
胃が痛くても、食べることを止められない。
明らかに満腹中枢がおかしくなっている。

こんな姿では病気が良くなっても何も嬉しくない。
医師からは副作用の説明もなければ、こちらから言ってもそんなことはお構いなしという感じで、尿タンパクさえ出ていなければそれで良しだった。
もうダメだ。この医者に頼ることは出来ない。
医師に対して不信感が募る。

しかし退院して3か月後、また病状が悪化した。
再入院するよう言われたが断った。
さらに1か月後、また全身が浮腫んだ。
いつもとは別の先生が外来にいた。

内科医師:「タクパク+4」

私:「+4って良いのですか?悪いんですか?」←すげー無知。

内科医師:「すごく悪い、入院が必要です」

あー、もう入院はいやだよ。
ステロイドを増やすことと、自宅療養するということで、入院は免れた。

ステロイドは劇的に効果があるが、薬の調整はとても難しい。
医者だってマニュアル通り量の調整をしているだけで、実際は分からないのだ。
治療は良くなったり、悪くなったりを繰り返した。

はい、ここ重要です。
医師の調整で、良くなったり、悪くなったりを繰り返す。
私はこの時の症状が丸山咬合療法とダブって仕方が無い。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。