スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネフローゼ症候群その8

03/29
くまごろう先生は丸山咬合療法には、副作用がないと言った。
ただし、MPAがずれると死ぬほど具合が悪くなる。
それを副作用というのか、言わないのかが問題だが・・・
でも、丸山咬合療法では髪の毛も抜けないし、体重も増えないし、ムーンフェイスにならないし、骨もスカスカにならないし、血液検査も問題がない。
確かにステロイドの副作用とはちがう。

ここでもう一度、その1で書いたことを振り返ってみよう。
>>私はネフローゼの治療と丸山咬合療法は良く似ていると思うのだ。

何が似ているのかまとめてみる。
あくまでも私の場合である。

1.治療する前は何が原因で具合が悪いのかわからない。
2.原因が分かった時はすごく嬉しかった。
3.最初は劇的に効果が出る。
4.医師の調整で体調はとても変わる。
5.調整できない医師が担当になると、とんでも無いことになる。
6.体調は良くなったり、悪くなったりを繰り返す。
7.医師との信頼関係が大切。

まあ、こんな感じで私は丸山咬合療法とネフローゼの治療がダブるわけ。
それで収集がつかなくなってきたネフローゼ症候群ブログ(^^;(最終回)
何を言いたかったのかというと、丸山咬合療法はステロイドの代わりにならないだろうか?

もちろんMPA装置付けただけで、病気は治らないけど、私は自分で体験してみて、何か身体に免疫力はつくと思うのね。
だから、いろんな病気でステロイド使っているのを見ると、丸山咬合療法で良くならないかなーって考えてしまう。
実際、丸山先生の本には顎ズレは癌にも関係するって書いてあるけど、私はその通りだと思う。
何年かの後には、丸山咬合療法でステロイドをやめられる人がいっぱい出てくるかも?
私はそんな時代が来るかもしれないと思っている。
それには良心的で、もちろん技術があって、やる気満々の先生と出会うこと。
どんな治療も病気を治せないと意味がない。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。