スポンサーサイト

--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる希望を持つために

10/23
保険の利かない治療なんて、母がやるわけがない。
母は口癖のように、「お母さんはもうそんなに長生きしないわー」
と言っていた。
すっかり弱った母を見て、私も母はそんなに長生きはしないだろうと思っていた。
この頃は私も体調が悪く、母が死んだら私はどうしよう・・・と考えていた。

そんな時、歯医者さんから帰ってきた母は、意を決したように私に言った。

「生きる希望を持つために、この治療を受けたい!!」

・・・・・・・

ダメって言えなかった・・・
ダメっていう事は、生きる希望を持つなと言っているのと同じだから。

この治療が母にとって、効果があるのかは全然わからない。
ただ、もうこの時は母が生きる希望を持ってくれるのなら、何でも良いと思った。
くまごろう先生に賭けてみよう。

「うん、やれるだけのことはやってみればいいよ」

お借りした本も全部読まないうちに、母は丸山咬合療法を受けることになった。
2007年6月、母72歳の決断である。
プロフィール

くうにゃん

Author:くうにゃん
大学病院で外科矯正しました。綺麗な歯並び、しっかりした噛み合わせ。でも、ブラケットを外したその日から具合が悪くなりました。
2008年より丸山咬合療法および動的平衡対応・咬合医療、そして様々な代替療法で完治を目指しています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
本の紹介
リンク
月別アーカイブ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。